反転確認(ダウ理論編その1)

随分とご無沙汰してました。前回の記事をアップしたのが去年の5月ですから、もう1年近く経ってしまった様です。

仕事が忙しいのもありますが、他にも色々とやりたいことがあったりして、ブログを書くのがついつい後回しになってました。

ということで、久しぶりにブログを更新するわけですが・・・

今回は、僕がエントリーポイントを決める際のロジックの1つである反転確認について、極めて基本的なお話でもしていこうかな、と思います。

それでは、はじまりはじまり~!!

エントリーの考え方(復習)

どの波を獲るのか?

久しぶりの更新ってこともありますから、まずは再確認の意味も込めて、基本的なおさらいから入っていきましょう。

相場において価格は、決して一直線に進むものではなく、ジグザグと波を描いて進んでいきます。

で、それが上昇トレンドの場合、例えばこんな感じになります。

トレンドと同じ方向に進む波(上図緑色の波)を「推進波」と呼び、トレンドとは逆の(正確に言えば「同じ方向に進まない」)波(上図オレンジ色の波)のことを「調整波」と呼ぶんでしたね。

で、例えば下図の様な只今絶賛上昇トレンド中の相場があったとして、

これを見て、

「どこでエントリーしたら良いか?」

を考えるわけですが・・・

勝てない人にありがちなのは、大体2つのパターンに分かれます。

まずは、グングンと上昇している価格を見て

「これを逃したらもったいない!」

と飛び乗ってしまい、しかし買った途端に下がってしまうというパターン。

もう1つのパターンは、爆益を狙って

「ここが天井だ!」

なんて具合に、トレンドの真っただ中で逆張りの売りを仕掛けてしまい、焼かれてしまうケース。

いずれにせよ、こういったトレードをする人の頭の中って、一生懸命分析したり考えてる気になってるけど、実は単に欲望に振り回されてるトレードしかしてないわけです。

щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

なので、トレードをしようとする場合には、きちんとした方法論をもって臨むことが必要です。

では、具体的にどう考えるかと言うと、

まずは、今上昇している推進波が終わるのを待ち(①)、さらには次の調整波も終わるのを待って(②)から、次の推進波となる波の1辺をトレードによって獲りに行く(③)、

ということを想定してトレードするわけです。

では、次の推進波を獲りに行くとした場合、一体その波のどこで入れば(エントリーすれば)良いのでしょうか?

エントリーのタイミングは?

エントリーポイントを狙うためのロジックと言えば、このブログの常連さんにはもうお馴染みでしょうが、ここでも簡単におさらいをしておきましょう。

上昇トレンドの際、エントリーポイントとする箇所は2箇所でした。

赤丸1は高値を切り上げたポイント、赤丸2は押し目を付けた後に反転上昇を始めたポイントです。

赤丸1でエントリーするのは、テクニカル的には簡単ですが、ダマシも多く、またリスク許容範囲が大きくなります。

逆に赤丸2でエントリーすると、リスク許容量も小さく収益幅も大きくなりますが、テクニカルを使いこなす技術がなければ、むしろリスクは増大します。

で、どちらのポイントでエントリーするかは、各トレーダーの性格やリスク許容量、またテクニカルの腕などによるものなので、どちらを用いても構いませんが、BOZ流では基本的に赤丸2を推奨しています。

ただし、赤丸2のポイントでトリガーを引く場合、そのロジックとして、

  • 到達確認
  • 反転確認

の2つの視点が必要だったんでしたね。

で、今回はその赤丸2のポイントでエントリーする場合の「反転確認」についてお話していくわけです。

(この辺の話について良く知らないって人は、「エントリーポイントの狙い方(1)」でも参照しておいてください)

反転確認とは、想定したポイントに価格が到達した後、そこからきちんと反転したかどうかを確認する作業です。

で、反転確認を行なう際に用いるテクニカルの代表格は、

  • プライスアクション
  • 移動平均線
  • オシレーター

ということでした。

 

ただし、

 

実はまだお話していませんでしたが、それ以前の極めて基本的な話として、絶対に理解しておかなくちゃいけないことがあるんですよ。それは

反転を確認するために、まずはダウ理論で波を見る

ということです。

しかし、実際にはこの極めて基本的なことを全く考慮せずにトレードしてる人って多いんじゃないですかね。

「ダウ理論?ああ、知ってる知ってる」

と言いつつ、単に舐めてかかってるだけで、使いこなすことが出来ない人ばっかりじゃないかと。

 

だから勝てねーんだよ。щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

 

ということで、チャートに描かれた波をダウ理論で見ていける様に、これから学んでいくことにしましょう。

 

ダウ理論について

反転確認においてダウ理論で必要なこと

ダウ理論とは、

  1. 平均は全ての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

の6つの基本法則からなります。

で、そこには細々としたことが色々と説明されているんですが・・・

「反転確認」という点に絞ってダウ理論で必要なことは、以下の通りになります。

  1. 相場はフラクタル構造
  2. 上昇トレンドの定義は「高値・低値を切り上げ続けること」
  3. 下降トレンドの定義は「高値・低値を切り下げ続けること」
  4. トレンドの定義が崩れるまでトレンドは継続する
  5. トレンドの定義に当てはまらないものは「レンジ」と判断

これを常に意識しながら、というより、もう呼吸をするかのように無意識にチャートの波を見ていく様にする必要があります。

(実はもう1点、「推進波の再開を出来高で確認する」という考え方もあるんですが、FXでは基本的に、株式と違ってリアルタイムでその出来高を確認することが出来ません。なので、これについては省略します)

では次に、以上のポイントを、図を使って具体的に見ていきましょう。

1.相場はフラクタル構造

フラクタルというのは、部分と全体が自己相似となっているもののことを言うんですが・・・

それだけじゃ何言ってるか分からない人も多いと思います。

でもまぁ、ここは数学の勉強をするところじゃないんで、厳密な理解は必要ないと思います。

が、ある程度はフラクタルという構造の意味を知ってもらわないと困るんで、どう説明したら良いか迷うんですが・・・

皆さん、「入れ子」ってご存知ですよね?

大きな箱を開けると、そこには小さな箱が入っていて、その小さな箱を開けると更に小さな箱が入っていて、その箱を開けると更に小さな・・・

ってことが繰り返されるやつのことです。人形で言えば、ロシアのマトリョーシカ人形が有名ですね。

で、「フラクタル」というのは、厳密に言えばそんな入れ子とは違うんですが、その程度の理解でも良いのかな、と。

ただ、もう少しだけ「フラクタル」の意味に近づけて説明するならば、そうですねぇ・・・

例えば、図形Aの一部分(仮にBと呼ぶ)をズームアップして見ると、そのBは図形Aと同じ形になっていて、さらにそのBの一部分(仮にCと呼ぶ)をズームアップして見ると、そのCは図形Aとやっぱり同じになっていて、さらに・・・

が繰り返される構造のことを「フラクタル」と呼ぶわけです。

そして、相場というのもまた、そんなフラクタルな構造で出来ているんですね。

一辺の波の様に見えても、実は複数の小さな波でそれは構成されているわけなんです。

例えば1時間足チャートでは一辺にしか見えない波を、5分足チャートなどでズームアップして見ると、実は複数の波で構成されているというのが分かります。

逆に言えば、1時間足で描かれるジグザグとした波を日足で俯瞰して見ると、一辺の波にしか見えないわけで。

で、僕たちが実際にトレードをする場合に大切なのは、このフラクタル構造を理解し、またそのフラクタル構造を利用してトレードするということです。

例えば、1時間足の波をトレードで獲りに行くとした場合、その1時間足の波の変化を細かく知る必要が出てきます。

その際、5分足などの小さなチャートを使ってズームアップして見て、波の細かい挙動を観察するわけです。そうやって、今トレードをすべきかどうかを判断したり、またエントリーのタイミングを計ったりするんですね。

まぁ、具体的にどの様に観察してトレードするのかは、後ほどたっぷりと説明していきますので、ご安心を。

2.上昇トレンドの定義は「高値・低値」を切り上げ続けること

上昇トレンドとは下図の様に、高値を切り上げ続け、それと同時に低値も切り上げ続ける値動きのことをいいます。

この時の注意点は、高値と低値の切上げは、同時に行われていなければならいということです。

高値は切り上がっているけれども、低値は切り上がらない場合や、その逆で低値は切り上がっていても高値が切り上がっていない場合は、上昇トレンドとは定義されません。

「そんなの分かってるよ」

と思っていても、実際のトレードでチャートと向き合っている時に、常にそれを判断材料にできている人はあまりいないと思うので、侮らない様に。

3.下降トレンドの定義は「高値・低値」を切り下げ続けること

下降トレンドとは下図の様に、高値を切り下げ続け、それと同時に低値も切り下げ続ける値動きのことをいいます。

この時の注意点は、上昇トレンドの時と同じで、高値と低値の切下げは同時に行われてなければならないということです。

高値が切り下げ続けていても低値が切り下げ続けてなかったり、逆に低値が切り下がり続けていても高値は切下げ続けていなければ、それは下降トレンドではありません。

4.トレンドの定義が崩れるまでトレンドは継続する

トレンドはトレンドの定義が崩れるまで継続します。

まぁ、当たり前っちゃ当たり前のことなんですが、このことを逆に言うと、

トレンドの定義が崩れた時点で、トレンドは終了する

ということになります。

例えばこんな感じで。

高値低値を切り上げ続けていた上昇トレンドが低値を切り下げてしまいました。

この段階で、上昇トレンドは終了したと判断します。

 

ただし!

 

だからと言って直ぐに「天井についた!売りだ!」ってことにはならないですからね。

例えば極まれですが、低値を切り下げたと思ったら、それは単なるオーバーシュートでしかなく、直ぐに切り返して高値を更新してトレンドを再開するという展開も考えられます。

また、天井に着いたところで直ぐに下降を一直線に始めることは稀な事例でしかなく、基本的には踵を返して一旦は上に向かいながらレンジを形成し、十分な時間を経てから下降トレンドに転じるということが一般的です。

なので、実際のトレードする場合は、その後の展開を見て判断していくことになります。

では、今度は逆に、高値を切り下げた場合はどうでしょう?

高値低値を切り上げて続けていた上昇トレンドが高値を越えられませんでした。

こういった場合は、上昇トレンドは終了したと判断し・・・

と言いたいところですが、正確に言うとこの場合は、

上昇トレンドが終了するのか継続するのかを様子見することになります。

スイングラインの捉え方が確立している方は、

「もちろん!」

と思うでしょうけど、そうでない方にとっては、この辺がちょっとややこしいかなぁ?

ということで、少し説明しますね。

実は、上昇トレンドの最中に高値を切り上げられなかった場合、その波は今まで基準にして見てきた波よりも構造上1段下の波である可能性があるんですよ。

文章だけだと「???」となると思うので、図で説明します。

今まで上昇トレンドとして追ってきた波は緑色にしてあります。

で、その途中で前回の高値を今回の高値が越えられなかった場合のその波(オレンジ色の波)は、構造的に緑色の波の一段下、つまり緑色の中にある小さな波に相当する可能性があるんですよ。

なので、この場合に注目すべき低値は青色の丸で囲った低値になります。

う~ん・・・これだけじゃ何を言ってるか分からないですかね?

でも、この後に進んだ値動きの結果を見れば、何となく分かると思いますよ。それが下の図です。

上昇トレンド中に高値を一旦切り上げられない場合、実は調整レンジに入ってしまってるだけの場合が結構あります。

上の図で言えば、「上昇フラッグ」という調整レンジを形成しているわけで、この黒の斜めラインで囲った中にある複数の波をまとめて1つの波としてみることになります。

なので、これが形成された場合にみる上昇トレンドの前回低値とは、上図青い丸で囲った部分になるんですね。②の様に、この青丸を割り込んで初めて「上昇トレンドが終了」となるわけです。

なお、上昇フラッグというパターンは上昇継続を示唆するパターンですから、多くの場合①の様に調整レンジを上にブレイクして、上昇トレンドを継続させることになります。

なので、高値を切り下げたからといって、上昇トレンドが終了したという根拠にはならないんですね。

以上が、上昇トレンドが崩れる際の判断の基本です。

面倒なので、下降トレンドの場合の図による解説は省略しますが、理屈は上昇トレンドも下降トレンドも同じです。

  • 下降トレンド中に高値を切り上げてしまったら、下降トレンドは(少なくとも一旦)終了
  • 下降トレンド中に低値を切り上げてきたら、トレンドが終了するのか調整レンジに入るのか一旦様子見

ということになります。

でね、

この視点は「反転確認」を行なう上で、とっても重要ですから、きちんと把握しておいてください。

5.トレンドの定義に当てはまらないものは「レンジ」と判断

レンジについては以前、「相場の局面を考えてみる」でお話していますが、レンジと言えば以下の様なものをイメージすると思います。

ただ、これはレンジとしての一部でしかなく・・・

上図の様な値動きも全てレンジです。

③の様にトータルで見ると上昇している様に見えても、「高値・低値を切り上げ続ける」という定義には当てはまらないので、上昇トレンドではなくレンジに相当します。

で、これも復習ですが、BOZ流では相場の4大局面を

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ(トレードできるレンジ)
  • 分からない(トレードできないレンジ)

としています。

この場合の「レンジ(トレードできるレンジ)」とは、高値・低値に規則性のある値動きのもの、つまり先ほどの

といった値動きのもののことであり、高値低値に規則性があるため、それを規則性を利用することでトレードが可能な局面のことになります。

しかし、同じレンジであったとしても、

上図の様な高値・低値に規則性を見出せない値動きの場合は、「分からない」局面として、トレードしない方針となるわけです。

だって、規則性がないんだもん。

普通に考えれば、規則性のない局面でトレードできることの方が不思議なんですけどね。欲に目が眩んだ人間は、そんな当たり前のことも分からないわけで。

なので、チャートを見る場合は、値動きの高値と低値がどの様に推移しているのかをきちんと見るクセをつけておかないと、実際のトレードで上手く立ち回ることが難しくなってきます。

 

さて、反転確認が出来る様になるためのダウ理論の基礎知識の解説は以上です。

次からは、僕らがトレードする際に、ダウ理論を使ってどの様に反転確認するのかを、具体的にお話していこうと思います。

ダウ理論による反転確認

まずはどの時間軸の波を捉えるのかを決めよう

既に説明した通り、相場はフラクタル構造なので、日足チャート1辺の波の中には4時間足や1時間足の複数の波があり、1時間足の1辺の波の中には分足の波が複数存在します。

なので、自分がトレードをする際に、どの時間軸のどの波を獲りに行くつもりなのかを明確にするのは、非常に重要です。

つか、基本中の基本な。

勝てない人というのは、目先の値動きばかりが気になって、5分足や1分足をガン見ばかりして、一体自分がどの波を獲りにいこうとしているのか全く頭にありません。

では、どの時間軸の波を獲りに行くべきでしょうか?

もちろんそれは、トレーダーのトレード・スタイルによってマチマチです。

数日から数週間ポジションを保有するトレーダーなら、日足などが基準になることが多いでしょうし、丸1日から数日程度なら4時間足だったりします。

デイトレーダーなら1時間足メインの人が多いんじゃなかな。

もちろん、ボラティリティ等の相場つきによっても、それは変わってきます。普段1時間足をメインしていても、4時間足の方が分かりやすい相場つきの場合は、それをメインに持ってきたりします。

なので、どの時間軸の波を獲りに行くのかを固定するのか臨機応変にするのかは、各トレーダーのスタイルや得手不得手によって変わってくるのが、むしろ当然です。

(ちなみに僕は、臨機応変型です。( ̄∇+ ̄)vキラーン)

ただ、ここからは便宜上、メインとする時間軸を1時間足として解説していきますね。固定して説明した方が、混乱を避けやすいかなぁと思ったので。

では、理解しやすい様に、またしても手書きの図で解説を進めて行きたいと思います。

まずは、下の図の様な上昇トレンドが、1時間足で展開していたとしましょうか。

推進波が終わり、押し(調整)が始まっている様です。

ということで、この調整が終わった後の、次の推進波を狙っていきたいと思います。

まずはエントリーロジックの1つである「到達確認」のための到達ポイントの想定を行ないましょう。するとこんな感じに。

前回高値がレジサポとなる可能性が高く、またこのポイントはフィボ50%、つまり半値押しとなるポイントでもあります。

ここが到達ポイントとなる可能性は大きく、少なくとも一旦買いが入るであろうと想定しました。

で、価格がここまで到達するのかを待ち構えます。

すると・・・

おぉ!今まさに到達しようとしてます。

ここからは、エントリーすべきかどうか、するとしたらどのタイミングでエントリーすべきかを、判断してくことになります。

しかしそのためには、値動きの挙動、波の挙動を細かく観察していく必要があります。

ということで、ここでズームアップ!

下位足である5分足チャートを見て、この想定ポイントの挙動を詳しく見ていくことにしましょう。

下位足でズームアップして観察しよう

メイン時間足である1時間足がチャートポイントに近づいてきたので、これからはその価格の挙動を詳しく見るために、下位足である5分足で波の動きを観察していきます。

もちろん、この「5分足」というのも解説における便宜上のものです。必ず5分足でなければいけないというわけではありませんからね。

(ただまぁ、上位足が1時間足の場合、下位足は5分足の方が相性が良いことが多いのは、確かですけど)

で、その前に1つ、確認しておきますが・・・

相場がフラクタル構造であることから、

  • 上位足の推進波を、下位足でズームアップしてみた場合、それは「上昇トレンド」
  • 上位足の調整波を、下位足でズームアップしてみた場合、それは「下降トレンド」

となります。

つまり、メイン時間軸を1時間足として1時間足の上昇トレンドを見た場合、

  • 1時間足の推進波を5分足で見ると、それは上昇トレンド
  • 1時間足の調整波を5分足で見ると、それは下降トレンド

となるわけです。

では、このことを頭に入れておきながら、1時間足の調整波を5分足チャートで見ていくことにしましょう。

先ほどの1時間足はこんな感じの場面でした。

で、この下降する調整波の局面を5分足でみると、以下の様な感じになります。

では、このままチャートポイントとなる到達想定ポイント付近で価格がどう振る舞うかを観察していくことにしましょう。

すると、下図の様になりました。

ややオーバーシュート気味でラインをわずかに抜けましたが、その後はもう一度戻ってきています。買いが入ってますねぇ。

この後の展開を見守ることにします。

が、ここでさらに解説を差し込みます。

「展開を見守る」

っていってますが、それはどの様な展開を想定して見守るということなんでしょうか?

そもそも、僕らが狙っているエントリーポイントというは、1時間足でいうと、

上図赤丸2のポイントでした。

想定した到達ポイントに達した後に反転上昇が確定したポイントですね。

で、それはつまり、1時間足上昇トレンドにおける調整波が終了し、再び推進波が発生したポイントのことです。

つまり反転確認とは、調整波が終了して再び推進波が発生したことを確認する作業なんですよ。

で、その反転上昇するかどうかを詳しく見るために、下位足である5分足にズームアップして見ることにしたわけですが、

  • 1時間足の推進波を5分足で見ると、それは上昇トレンド
  • 1時間足の調整波を5分足で見ると、それは下降トレンド

だったわけですから、

1時間足上昇トレンドの調整下降から再度上昇に転じる反転ポイントとは、5分足下降トレンドが終了し、次に上昇トレンドが発生したポイントのこと

になります。

ということはつまり、

ダウ理論による反転確認とは、メイン時間軸の中にあるさらに小さな波(下位時間軸の波)を見て、トレンドが転換する様子を確認するということ

なんですよ。

このことは、キッチリと理解しておいてください。

で、話を元に戻しましょう。そんな5分足下降トレンドが、想定していた到達ポイントに到達したんでしたね。

で、ここから僕らが観察すべきことは、「反転確認」。つまり、

  • 下降トレンドが終了したことを確認し
  • さらに上昇トレドが始まったことを確認する

ということになります。

そして、その上昇トレンドが発生したタイミングでエントリーするわけです。

もちろん、下降トレンドが終了せずに続いた場合は、エントリーを諦め、次の到達想定ポイントに価格が到達するのを待ち構えることになります。

では、この後の展開をいくつかのパターン別にして解説していきましょうか。

すんなりと前回高値を越えた場合

まずは、到達確認後に下降トレンド中だった前回高値を越えたパターンを考えてみましょう。

上図の通り、すんなりと前回高値を切り上げました。

これによって、下降トレンドの「高値・低値を切り下げ続ける」という定義が崩れることになり、5分足下降トレンド、つまり1時間足下降修正波は少なくとも一旦は終了したと判断することになります。

では、この段階で買いエントリして良いのか?

答えは、NOだぜ!

単に下降トレンドが終了しただけで、上昇トレンドに転じたという根拠はありませんからね。

次に5分足で上昇トレンドがはじまるかどうかを観察します。これが確認出来てはじめて「反転確認が出来た」ということになるわけです。

で、例えば下図の様な感じに進展したとしましょうか。

前回高値Zを抜き、Bの高値をつけた後、価格はCの低値をつけて、再び上昇をはじめているのが分かると思います。

では、この値動きをどう判断していくのか?

まず、到達想定ポイントで付けた低値Aを低値Cが切り上げました。

ということは、上昇トレンドの定義の1つである「低値の切上げ」が完成したわけですから、後は「高値の切上げ」が発生するのを待つだけです。

すると、価格は赤丸yのところで高値Bを抜くことになります。高値が切り上がりました。

この時点で、「高値・低値の切上げ」が完成し、「5分足では上昇トレンドが発生した」と判断できることになります。

つまり1時間足においては、押し(下降修正波)が終わり、反転上昇を開始(推進波の発生)したと判断することになるわけです。

これがダウ理論による反転確認です。

では、実際はどこで買いエントリーを仕掛けたら良いでしょうか?もう1度先ほどの図を見てみましょう。

ダウ理論によって反転確認がとれたのは、高値低値の切上げが完成した(つまり、上昇トレンドが発生した)赤丸yのポイントです。

ですから、赤丸yのポイントで買いエントリーを仕掛けるのが基本となります。

注意点その1

さて、この時点で頭が混乱しちゃった人が出てきたかもしれません。

BOZ流では確か、下図で言うところの

赤丸2のポイントでエントリーするはずだったのに、こっちの図では

赤丸xではなく赤丸yでエントリーしましょう、って矛盾してない?

と思って混乱している人もいるんじゃないでしょうか。

しかし安心してください、穿いてますよ。矛盾はしていません。

よ~く見て下さい。

こちらの画像は、既に上昇トレンドが確定しているうえでのエントリーポイントです。

上昇トレンドが確定しているから、赤丸2のポイントでエントリーしても、そこは推進波のはじまりである可能性が高く、高い勝率が導き出せるわけです。

しかし、下図は

赤丸xのポイントでは、まだ上昇トレンドが発生したとは言えません。単に低値が切り上がっただけでしかないんですね。

低値と高値が両方切り上がって初めて「上昇トレンドが発生した」と言えるわけで、そうであれば赤丸yに来て、ようやく上昇トレンドの発生が確認できるわけなんですよ。

こういったことをおざなりにして、見切り発車で赤丸xで買いエントリーなんかしちゃうと、痛い目にあいがちです。

Cで低値を切り上げたと判断して赤丸xで買ったとしても、Bを越えられず再度下げ始めるなんてことは、ザラにあるんですよ。

もちろん、下降トレンドは(少なくとも一旦は)終了しているので、そのままAの低値を割って再び下降トレンドが直ぐに始まる可能性は低いです

しかし、Cの低値を付けた後にBの高値を越えられない場合、通常はレンジに移行することなります。

上図で言えば、Zが高値ライン、到達想定ポイントが低値ラインとなる平行レンジ(レクタングル・フォーメーション)となるわけです。この上下のラインを越えた低値Aと高値Bは単にオーバーシュートしただけの意味しか持たないんですね。

にもかかわらず、赤丸xで買ってしまった場合は、そのレンジ高値で買ってしまったことになり、含み損を抱え続ける時間をたっぷり味合わされることになり、たまらず損切りなんてことも十分あり得るわけです。

ですから、エントリーポイントは、高値Bを越えて上昇トレンド発生が確定した赤丸yのポイントで行なうことが基本となります。

注意点その2

先ほどの画像をもう一度見てみましょう。

気付いた人も多いと思いますが、この反転上昇の形、実は逆三尊(ヘッド・アンド・ショルダー・ボトム)です。

要するに、三尊というのはダウ理論上トレンド転換した際の1つのパターンでしかないということなんですね。

ところが最近、こういった値動きの原理原則を踏まえずに、闇雲に三尊を崇める人が増えている気がします。

しかもこの手の人たちの多くが、三尊でのエントリーポイントであるネック割れ(上の図で言えば赤丸y)で入るのではなく、三尊の右肩(上の図で言えば赤丸x)で入ろうとしたがります。

で、上手くいかずに焼かれてしまったりするんですね。

三尊というのはチャートパターンです。右肩が出来た時点ではまだ三尊は完成してないんですよ。ネック割れして初めて「三尊」が出現するわけです。

なぜ、基本通りにやらないんでしょうか?

「急いては事を仕損じる」

実力も無いのに、分析した気になっても、それは欲望に振り回されただけの愚かな姿でしかありません。浅はかな企みは、身を亡ぼすだけです。

注意点その3

三尊の話が出たんで、ちょっとそれに関連させて話を続けます。

次の画像を見てください。

いずれも三尊ですが、この三尊の完成を待たずに赤丸の様な右肩でエントリーした場合、結果的に三尊が完成する可能性は、それぞれ違っています。

だって、山と谷の高値低値の関係性が、いずれも違ってるんだもん。

解説は省きますが、赤丸のポイントで入った後に三尊が完成する可能性が最も高いのは②で、最も低いのは③です。

なので先ほど、

エントリーは上手赤丸yで入るべきで、赤丸xで入るべきではないと解説しましたが、このパターンの場合は、赤丸xで入っても成功する確率は高くなります。

ただ、この赤丸xで入るには、波動の強弱や想定した到達ポイントの強さなど、その他の要素を加味しての判断が必要です。

なので、こういったポイントで入ろうとするのは、中級者以上の実力が必要になります。まだ上手く勝てない様な人が入って良いポイントではないんですね。

なので、先ほども言いましたが大切な事なので、もう一度言います。

「急いては事を仕損じる」

実力も無いのに、分析した気になっても、それは欲望に振り回されただけの愚かな姿でしかありません。浅はかな企みは、身を亡ぼすだけです。

では、次に前回の高値を越えられなかったケースを考えてみましょう。

前回の高値を越えられなかった場合

まずは、下降トレンド中だった前回高値までは上昇するも、そこを越えられずに再び下がり出した場合を考えてみましょう。

上図は5分足下降トレンド中の価格は到達想定ポイントAに達した後に上昇し、前回高値Zに到達するも底を越えられず高値Bを付けて再び下落を始めた場面です。

高値ZをBは越えられなかったため、下降トレンドは否定されてはいません。

なので、このまま下降トレンドが継続し、

上図の様に低値Aを切り下げていく可能性があります。

ただ、到達想定ポイントで一旦反発して前回高値Zまで価格が上昇したということは、それは強い買いが入っているという証でもあるわけです。

そのため、このケースでは多くの場合、

上図の様にレンジを形成します(ただし、レンジの形は様々です)。

なので、例えばこのレンジを下抜けた場合は5分足下降トレンドが継続中(つまり1時間足での押しはまだ継続中)だと判断し、次の到達想定ポイントに価格が到達するのを待ち構えることになります。

逆にこのレンジを上にブレイクアウトした場合は、ロールリバーサルを確認できた上図赤丸のポイントで反転上昇が開始(つまり1時間足では押し目を付けて上昇推進波が再開)したと判断し、買いエントリーを行なうことになります。

ただし!

ウッカリしてました。この記事は「ダウ理論による反転確認」の解説でした。

なので、ダウ理論の視点からの反転確認で解説し直すと・・・

1時間足上昇トレンドが押し目を付けて反転上昇する(反転確認)ということは、5分足下降トレンドが終了し、次に5分足上昇トレンドが発生することを確認するということになるんでしたね。

なので、上図で言えば、価格が5分足下降トレンド高値Zの値を越えた時点で、下降トレンドの定義は崩れ、下降トレンドは終了したと判断します。

では、次に上昇トレンドが発生するかどうかを見守ることにしましょう。

すると、価格は高値Zを越えた後に高値Dを付け、次に低値Eをつけます。

この時点で低値Eは低値Cを「切り上げた」ことになります。

であれば、次に高値Dを価格が切り上げれば、「上昇トレンドは高値・低値を切り上げる」という定義を満すわけで、それによって

「上昇トレンドが発生した」

と判断できるわけです。

で、結局のところ価格は図の様に高値Dを越えていくわけですよね。

なので高値Dを越えて上昇トレンドが発生したと判断できる赤丸yのポイントで「反転確認」が出来たとことになり、買いエントリーのポイントとなるわけです。

ダウ理論上で反転確認を行なう場合、基本となるエントリーポイントはこの赤丸yとなるという考え方は、キッチリ覚えておいてください。そして実践で使える様になってください。

では、別のケースを見ていきましょう。

前回高値を切り下げてきた場合

次に、到達確認後に前回高値を目指して上昇するも、高値を越えるどころか切り下げてしまった場合を考えてみます。

到達想定ポイントに到達して上昇を始めたかに見えましたが、結局は前回高値Zを越えられずに、結果として高値を切り下げる形になった場合ですが・・・

この場合は「下降トレンド継続中」と判断して、その後の展開を見守ります。

で、結果的に到達想定ポイントもAも切り下げてきてしまった場合は、完全に下降トレンドは継続していることになりますから、このポイントで反転上昇はしなかった(つまり反転確認できなかった)ということになります。

この場合は、次の到達想定ポイントに価格が到達するのを待ち構えることになります。

ただし、高値Zを切り下げて高値Bを付けたとしても、絶対に再度到達想定ポイントを越えて低値Aも切り下げるとは限りません。

なぜなら、到達想定ポイントとは、到達ポイントとして想定できるくらいに買いが入るであろう根拠があるわけですから、再度下げてきても再び買いが入る可能性があるからです。

ですから例えば、

この様に下では買いが入り上では売りが入ることでレンジを形成することが多々あり、結果として①の様に上にブレイクしたり、②の様に下にブレイクしたりするわけです。

ちなみに②で下にブレイクした場合は下降トレンド継続中が決定するため、先ほどと同じ様に次の到達想定ポイントに価格が来るのを待ち構えることになります。

また、仮に①の様に上にブレイクした場合は、様々な波を形成します。

上図は、その中のほんの一例でしかありません。

この例をとって、エントリーポイントを探る場合は、以下の様に考えます。

赤丸aや赤丸bの様に、高値と低値の切上げが確認できたポイント、つまりトレンド発生が確定したポイントで買いエントリーするのが基本となります。

また、難易度は上がり、成功確率は下がりますが、応用的なエントリー方法として、

  • ZとAをレンジの高値低値と考えて、ブレイクアウト後にロールリバーサルした赤丸cのポイント
  • BとAをレンジの高値低値と考えて、ブレイクアウト後のロールリバーサルした赤丸eのポイント

で入るという考えた方も出来ます。

いずれにせよ、まずはダウ理論で反転確認をとってエントリーするという基本が出来る様にしてください。それ以上のことは、この基本が出来る様になってから、「応用」としてチャレンジしていくことが大切です。

基本が出来ちゃいないのにホームラン狙うのは、単なる素人の欲望と妄想のトレードにしか過ぎませんから。

 

さて、ここまででいくつかのパターンを紹介しながら、その考え方をお話しましたが、それ以外にも数々のパターン、というか様々な波の形を形成します。

ただ、どんなに複雑な値動きをしたところで、ダウ理論という相場の原理原則に違いはありません。目先の値動きに惑わされず、

ダウ理論による下降トレンド終了と上昇トレンド発生を確認し、その確認がとれた段階でエントリーする

という基本を忘れずにトレードに取り組むことが大切です。

相場の実際

さて、ここまでのお話を要約すると、

1時間足の上昇トレンドで反転ポイントをエントリーするということはつまり、5分足チャート(下位時間軸とという意味で、5分足とは限らない)における「下降トレンドが終了し上昇トレンドが始まったポイント」である

という解説でした。

ダウ理論をこの様にして実践で用いるなんて、夢にも思っていなかった人が多いんじゃないでしょうか?

しかし、この記事を読んで反転確認の方法を学んだアナタは、これからは押し目や戻しを捉えて利益を出すことが可能になったわけです。

やったね!

 

 

って、そんな都合の良い話なんて、あるわけねーだろ。

щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

 

 

実はですね、

ここまでの解説は、「基本的」というよりは「理解しやすくするための初歩的な解説」でしかありません。

実際の相場というのは、そう単純ではないんですよ。

このことは以前、「エントリーポイントの狙い方(3)」や「エントリーポイントの狙い方(4)」では長々とお話したと思いますが・・・

実際の相場では、

  • 「下降トレンド→上昇トレンド」
  • 「下降トレンド→レンジ→上昇トレンド」

といった、今まで解説してきた様な分かりやすい(イメージしやすい)V字回復の反転だけではなく、もっと違った展開をすることが多いんですね。

例えば、下の図はポンド円1時間足チャートですが、この部分だけを見ても

ご覧の通り調整波のほとんどは、一辺の波ではなく、複数の小さな波で構成される調整レンジです。(青色のラインが調整レンジのパターンラインです)

このチャートの下位足である5分足で下降トレンドが分かりやすく確認できるのは、上図赤矢印の部分だけしかないんですよ。

しかも、この赤矢印も推進波からすんなりと調整波になっているわけでなく、見ての通りその多くが、調整レンジの後に発生しています。

実際の相場というのは、基本を解説した教科書通りの様になることは早々にはなく、複雑怪奇な動きで構成されているんです。

だからね、

トレードとは技術なんですよ。ピッチャーが常にバッターに打ちやすい球を投げてくれるわけはないんですよ。当たり前の話です。

相手を出し抜く技術を身に着ける必要があるんですよ。

 

・・・とまぁ、今回のお話はここまでとしましょう。いつものごとく、長くなり過ぎました。

今回は、値動きの追いかけ方を理解してもらいやすくするために解説したものだと思ってもらえれば、幸いです。

次回は、もう少し実際の相場に合わせた解説をしていこうかな、と思っていますので、お楽しみに。

 

それじゃあ、また。

 

これがBOZ流!BOZ波動論(1)

色々と考えた結果、今回は波動についてのお話をすることにしました。

ただ正直な話、僕はこの「波動」という言葉を使うのが、本当は嫌なんですよね。

だって、なんだか神秘的だったり深遠なイメージがあるじゃないですか。

だから、僕はもともと、「波動」ではなく「波形」って言葉を使ってたんですよ。

でも、「波形」と言ってしまうと今度は、「チャート・パターン」や「ハーモニック・パターン」の様にも思えてくるわけで。

ということで、「波の動き方や状態」という意味では、やっぱり「波動」と言った方が良いのかな?と思う次第で、現在は「波動」という言葉を使うに至っています。

そんなこんなで、僕のこの波動論というのは、別に神秘的だったり深遠だということはありません。そういった類を期待しているなら、読むの止めてもらった方が良いですかね。

つか、そういった人にはむしろ、読んでもらいたくないかも。

( ̄ー ̄)ニヤリ

それじゃあ、早速ですが、始まり始まり~!!

BOZ波動論とは

まずは簡単に、僕の波動論について、概要をお話しておきますね。

次の波の性質を判断する

このBOZ波動論というのは、過去チャートを広い範囲で見ながら、

「この波は〇〇で、こっちの波は△△。であれば、Aの地点から考えて、ここに至るまではB、C、Dと考えられるから、今形成している波はEもしくはF。しかし・・・」

という感じに、事細かく分析していく様なものではなく、

直近の波をいくつか見ることで、次の波が来たら仕掛けるべきかどうかを、予め判断しようとするものです。

というのも・・・

僕のトリガーの引き方(エントリーの仕方)は、既にご存知の通り、

  • 到達確認
  • 反転確認

を行なって仕掛けるものですが、言ってしまえばこれ、

  • 到達確認=その波の終わり
  • 反転確認=次の波の始まり

ということになります。

であれば、僕のトリガーって、

「次に生まれる波の始まり」でエントリーする

ということになるわけです。

しかし、それだけでは、その生まれたばかりの波の行く先が

強く長く生きていくのか?
美人薄命なのか?
どっちつかずのブレまくりの人生となるのか?

なんてことは、分からないわけです。だって、未来のことですから。

なので、その波がどう育っていくかを何も考えずにエントリーしてしまうと、前回の記事「エントリーポイントの狙い方(4)」でお話した様に、

ロジック通りに押し目を拾いにエントリーしたとしても、上手くV字回復せずに調整レンジに巻き込まれてしまう・・・

なんて羽目になってしまうんですよ。

で、僕の波動論とは、その様な事態に出来るだけ陥らない様に、これから生まれる波がどの様な性質のものなのかを、直近の波の構成を見て判断していこうとするものです。

過去に起きた内容を、広範囲に時間をかけて事細かく分析するわけではないので、実際にトレードをして収益を稼ぎ出そうとするリアル・トレーダーにとっては、極めて実践的なものになると思います。

基本原理は極めて単純

とは言え、僕の波動の考え方、基本原理というのは、至って単純です。

「当たり前すぎだろ!バカにしてんのか!」

と怒り出す人が出てくるかもしれないレベルの、極めて当たり前の原理で成立しています。

ですから、この後から解説していく波の判断方法も、トレンド時においての基本パターンは、たった4つしかありません。

( ̄∇+ ̄)vキラーン

そう、何事も基本が大切なんですよ。

  • 当たり前だと思って見過ごしていること
  • 当たり前だと思ってるけど実は使いこなせないこと

そんな当たり前をきちんと出来る様にすることが、必要なんです。

BOZ波動論とは、そんな当たり前のことを大切にして波を見ていく、というたったそれだけのことなんです。

言うは易し行なうは難し

基本原理も方法論も至ってシンプル、というのがBOZ波動論ですが、

しかし、言うは易し行なうは難しです。

僕は常日頃、

「トレードは、その学習過程や上達過程は、スポーツや工芸、仕事なんかと一緒」

と言っている様に、基本やコツを言葉で習っても、それだけで上達するわけではありません。実際の試合や本番で使いこなせる様になるには、長い道のりが待っています。

当たり前の話ですよね。

バットの振り方、ボールを打つためのコツを教えてもらった途端に、今まで打てなかった人間が、ヒットやホームランをガンガン打ちまくる優秀なバッターになれるわけがない。

そんなことは、大人どころか子供だって分かりきってる話です。

しかしなぜかトレードの世界では、その事実が蚊帳の外に置かれたまま、現実にはあり得ない夢物語で頭一杯の大人たちで溢れかえっています。

で、僕の波動論も多分に漏れず、基本原理は当たり前のことですが、知っただけで実際にそれをトレードで使いこなせる様になるわけではありません。

僕がこの波動論をお話するのに最も躊躇したのはその点で、

  • 基本原理は簡単なのに、実際に使いこなすのは難しい
  • 基本原理は簡単に説明できても、実際に活用できる様に解説するのは難しい

からなんですね。

しかし、トレンドの調整局面の2パターンに限ってお話することで、僕自身も解説しやすいし、読者のみなさんも実際のトレードに活用しやすくなるのかな?

なんて思う次第で。

とは言え、やはり「知っただけで出来る様にならない」というのが、この世の理です。

きちんと自分自身で検証と練習を繰り返したうえで、実際のトレードに活用してください。

それでは、本題へと進みましょうか。

波動の初歩の初歩

それでは、極めて当たり前の話を、これからします。

推移する価格が、一直線に進むことはありません。ジグザグと上下に波を描きながら、過去から現在、現在から未来へと、価格は進んでいきます。

しかし、ジグザグと上下に波を描いていくということは、価格は上に行ったり下に行ったりするわけですよね。

なのになぜ、価格はトータルで上に上がっていったり(上昇トレンド)、下に向かっていったり(下降トレンド)するのでしょうか?

例えば上の図の様に上昇トレンドの場合、価格は上に向かう波と下に向かう波が交互に訪れているのにもかかわらず、トータルでは価格は上に向かって進んでいます。

なぜでしょう?

答えは簡単ですね。

上に向かう波の方が強く、下に向かう波の方がそれに比べて弱いからです。

波の動きの状態のことを「波動」と言い、

  • 波動が強い=波の長さが長かったり、進む角度が鋭い
  • 波動が弱い=波の長さが短かったり、進む角度が緩やか

と言います。

上昇トレンドの時は、上に向かう波動が強く、下に向かう波動が弱いため、トータルとしては上に向かって価格が推進していくわけですね。(下降トレンドは逆)

で、トレンドが形成されている場合、

  • トレンドの方向へと向かう強い波動=推進波
  • トレンドと逆の方向へ向かう弱い波動=調整波

というのが、一般的な概念です。

つまり、推進波と調整波が交互に出現することで、トレンドは形成されているわけです。

( ̄∇+ ̄)vキラーン

さて、ここまでの解説・・・当たり前すぎて、あくび出てきちゃいますか?

でも、この当たり前の波の動き、きちんと見ながらトレードしてる人って、ほとんどいないのが現実ですよね。

この当たり前のこと、「そんなの知ってる~」で済まさずに、まずはきちんと頭に叩き込んで、実際のチャート分析に活用できる様にしてください。

「トレンドは、推進波と調整波が交互に出現する」

ですよ。トレンドの波を見る時は、必ずそれを確認するんですよ。

BOZ波動論における基本定義

では次に、BOZ波動論で用いる基本用語とその内容をお話します。

BOZ波動論においては、トレンドの波を見る際に、大きく分けて3つの波を定義しています。

  • B波=波を見る際に基準とする波
  • O波=B波の次に来る波
  • Z波=O波の次に来る波

「はぁ?何それ?単に波を順番に名前つけただけじゃん!」

はい、そうですよ。

では、これについて、もう少し解説を加えていきましょう。

B波について

B波とは、BOZ波動論において波を見ていく際に、基準とする波のことです。

今回お話する範囲(トレンド)の場合は、「推進波」もしくは「推進波になるであろう強い波動」を、B波とします。

このB波を基準として、次の波を見ていくことになります。

O波について

強い波動をB波と規定したら、B波の次にくる波をO波とします。O波はもちろん、B波とは反対方向へと進む波となります。

ただ、BOZ波動論においては、このO波の波動をどうみるかが鍵になっていて、O波は波動によって更に4分類されます。

  • O-1波=短くて角度が緩い
  • O-2波=短くて角度が鋭い
  • O-3波
  • O-4波

O波が、O-1波なのかO-2波なのかで、次のZ波で仕掛けるのか見送るのかが決まります。

またO-3波とO-4波の波動は、次のZ波の状態によって、O波がO-3波なのかO-4波なのかが決定し、Z波のさらに次の波で仕掛けるのか見送るかを判断することになります。

が、今回はO-1波とO-2波に絞ってお話します。

O-3波とO-4波については、今回は解説しないことにします。扱いの難易度も僕の解説の難易度も両方高いためです。

また、この記事読んだだけで出来もしないくせに、まるで自分が発見したかの様な顔して商材等に悪用されるのを防ぐという意味もあります。

ちなみにですが、一部だけを公開し一部を非公開にすることで、それをエサにして引っ掛かった人達を裏に誘い込んでコッソリ儲けようという考えは、

あ・・・なんかメッチャ儲かりそう!

とは思いますけど、僕にはそんな気が一切ありませんのでご安心を。

まぁ逆を言えば、これに関して質問されたとしても一切答えることはないので、予めご了承ください。

Z波について

Z波は、O波の次にくる波のことです。

ただ、上図の様なZ波が来るのは、O波がO-1波となる場合のみです。

なので、Z波の発生と共にエントリーを仕掛けるのは、O波がO-1波の時だけす。

O波がそれ以外の波動の場合は、Z波の出現とともに仕掛けることは、基本ありませんし、それを無視してZ波で仕掛けると、基本的にそのエントリーは失敗します。

さて、手短ですが、基本的な用語と定義の説明はこの位にして、実際にこれら波動を見て、どうトレード判断を下していくのかを、これから具体的に説明していこうと思います。

なお、BOZ波動論はダウ理論と併せてみる必要があるんですが、解説の段階でそれを持ち出すと、ややこしくなるので、ダウ理論に関しては一旦横に置いて解説していきます。

B波ーO-1波ーZ波のパターン

基本の見方

O波の波動が、B波に対して短くて角度が緩いのが、O-1波です。

で、それじゃあO-1波は何か?というのを端的に言うとすれば、それは「調整波動そのもの」ということになります。

O-1波=B波に対して短くて角度が緩い=調整波動

です。

では、実際に波が形成される過程で、何をどう判断していくかを順を追って説明していきますね。

まずは、基準となるB波を特定します。

と、言葉だけで説明しても分かりづらいと思うので、下の図をまずは見てください。

上図を見ると、レンジを形成していた価格はネックラインを下にブレイクすると、強い波動を形成しているのが分かります。基本、これは下降トレンドが始まる兆しです。

もしトレンドが形成されるとしたら、「強い波動=推進波」となるわけですから、まずはこの強い波動をB波と規定することにします。

で、強い波動が発生しているのであれば、その後の押しや戻しを待つのがセオリーです。その強い波動を後追いしてエントリーすることは、BOZ流ではしないんでしたよね。

なので、次のO波が発生するのを待ちます。

はい、O波が発生しました。

で、この時に見なければならないのが、B波とO波の波動の強さの違いです。

上図のB波動の強さとO波動の強さを見比べて見ると、O波動の方が、価格が進む角度も緩やかで短い。

つまりB波動に比べ、O波動の方が弱いわけです。

では、この関係性って何でしたっけ?

僕は「波動の初歩の初歩」の解説で、

「推進波は強い波動で、調整波は弱い波動」

とお話しましたよね。

であれば、

この図のB波は推進波であり、O波は調整波ということになります。

  • B波=推進波
  • O波=調整波=O-1波

ですね。O-1波とは調整波動のことでした。

であれば、次に来るZ波は・・・?

そう、推進波です。

トレンドが形成される場合、推進波と調整波は交互に発生するんでしたね。

ということで、B波ーO-1波ときたら、次のZ波は推進波ですから、Z波の発生と共に売りエントリーを仕掛けます。

このパターンを公式化すると、

「B波+O-1波の次に来るZ波は推進波」

ということになります。トレンド中の調整を1辺の波で終了して、トレンドがV字回復するパターンとなります。

これが、BOZ波動論において、トレンド時の波の読み方として最も基本的なパターンとなります。覚えておいてくださいね。

以上が、波を単純化してみた基本的な見方です。

具現化のために「クシ」を用いる

では、このO-1パターンを更に具体的にしていくために、実際のチャートで見ていきましょう。

上図は、レンジ上限のラインをブレイクして、強い波動が出た場面です。

この強い波動をB波として基準にし、次のO波が形成されるのを待ちます。

すると・・・

O波が発生しました。

では、このO波の波動がB波に対して強いのか弱いのかを見ていきましょう。

具体的に、どの様にして波動の強弱を判断するのか?

ですが、まぁパッと見で判断できるケースも多いですし、自分が既に使ってるテクニカルを用いて判断しても、全然構いません。

ただ、このBOZ波動論においては、基本的に「クシ」を用います。

「クシ」というのは、このブログの常連さんにはもうお馴染みの用語ですが、調整波に引いていく斜めラインのことで、調整波の勢いを見るためのものです。

つまり、僕の波動論における分析方法の一端を担う重要なラインです。

最近、「切下げライン」「切上げライン」という様な言い方をよく耳にしますが、引き方はそれと全く同じです。ただ、「クシ」と僕が表現するのは、波動を見るためのものであるため、引き方は同じであっても、それらとは全く概念が違ってきます。

では、B波動とO波動を比較するために、B波にトレンドライン、O波にクシを引いてみましょう。

O波はまだ形成途中のため、正確なクシが引けませんが、一応想定として2本のクシを引いて見ました。

この段階で見ると、角度の鋭い方のクシはB波に近い角度になっています。推進波であるB波と同じ勢いでこのまま価格が下落していくのであれば、次のZ波で仕掛けるのは止めた方が良いでしょう。

しかし、それよりも緩い角度でこの後O波が推移した場合、想定した到達ポイント(上図、半値ラインとレジサポ)に達して反転すれば、

  • B波=強い=推進波
  • O波=弱い(角度が緩くて短い)=O-1波=調整波

となるわけで、そうであれば、次にくるZ波は・・・

そう、推進波でしたね。

ですから、O-1波が終わりZ波が生まれたところ、つまりO-1波のクシをブレイクしたところが買いエントリーのポイントとなります。

 

・・・と、ここまでお話したところで、もう一度、先ほどの図を見てもらいましょうか。

先ほど僕は、

「O波はまだ終わってないので正確なクシが引けないため、2本のクシを想定して引いてみた」

と言いましたが、このブログの「クシ」の記事を既に読んで練習・検証していた方は恐らく、

「いや、O波が出現する前から、既にクシの角度は分かるだろ」

と思ったと思います。

そう、実はクシの角度はO波が発生する前の段階で既に分かっていて、実際は上図2本のちょうど中間位の角度のラインになります。

つまり、「最初から分かっているクシの角度」通りにこのO波が推移したとしたら、O波はB波より弱く、O-1波となるわけですから、Z波の派生でエントリすることになるわけです。

でもまぁ、それについて説明する前に、とりあえずは「最初からクシの角度は分かっている」ということ前提でクシを引き直しておき、その後の展開を見てみましょうか。

BOZ波動論のパターン通り、O-1波の次のZ波はV字でトレンドを回復させる推進波となりました。上図青丸で買いエントリーして正解です。

しかも、「最初からクシの角度は分かっている」前提で引いたクシの角度にO-1波はピタリと当てはまっています。

やったね! ( ̄∇+ ̄)vキラーン

ではここで、この「クシ」について解説を加えておこうと思います。

なぜO波が発生する前から、このO波がO-1波だった場合のクシの角度が予め分かっていたのかというと・・・

レンジブレイクする前の下降波動(上図、赤い斜めライン)が、クシの基準となって、その後の調整波に影響を与えているからなんですよ。

上図の赤い斜めラインと青い斜めラインは平行です。つまり、基準となる赤いクシと同じ角度で、O-1波は推移しているわけです。

これが、相場における規則性の1つであり、BOZ波動論における重要なポイントとなります。

もちろん、必ずこのクシが機能するわけではありません。上昇トレンドの勢いに変化があれば、仮に上昇トレンドが続いたとしても、このクシの角度は変わってくることが多いです。

また、仮にクシとO波が一致しなくとも、O波がB波に対して波動が弱ければ、それがO-1波であることには変わりありません。

しかし、O-1波がクシと一致する可能性はやはり高く、また、トレンドが続く限り、このO-1波とクシの角度が一致することが繰り返される可能性は高いですから、

大いにクシは活用すべし!

( ̄∇+ ̄)vキラーン

というのが、BOZ波動論です。

ただ、このクシの解説をこれ以上話すのは長くなり過ぎますし、既に別記事でお話した内容なので、ここでの解説は省きます。知らない人は、

をご覧ください。(クシに関する記事は、気が向いたら更に追加していくつもりです)

では、話を元に戻しましょう。

レンジブレイクしたB波に続くO-1波はクシに沿って推移し、そこをブレイクして推進波となるZ波を発生させたんでしたね。

では、このトレンドをこのまま追い続けていきましょうか。

まず、発生したZ波は推進波ですから、今度はこのZ波をB波として適用し、次のO波が発生するのを待ちましょう。すると・・・

O波が発生しました。

では、このO波がO-1波になるのかを見ていきます。B波よりも角度が緩やかで短いかを見るんでしたね。

で、このO波がO-1波であれば、次のZ波の発生と共に買いエントリーを仕掛けるんでしたよね。

ついでなんで、このO波に予めクシを引いておきました。相場の規則性が続くのであれば、繰り返しこのクシも機能する可能性が高いんで。

(もちろん、クシが機能せずともO波がB波に対して弱い波動なのであれば、それはO-1波であることには変わりませんよ。勘違いしない様に)

では、その後の結果を見てみましょう。

はい、クシもドンピシャ、買いエントリーもドンピシャで、推進波となるZ波が発生しました。

以上、見てきた様に、

「B波+O-1波という流れにおいては、Z波は推進波となるため、Z波の発生と共にエントリーを仕掛ける」

ということが、分かったと思います。

それでは、次へと進みましょう。

B波ーO-2波ーZ波のパターン

基本の見方

O波の波動が、B波に対して、短いけれども角度が鋭いのものを、O-2波とします。

で、このO-2波が起きた場合、次のZ波で仕掛けてはいけません。

なぜなら、このO-2波とは、調整レンジを構成する最初の1波になる可能性が高いからです。うっかりと仕掛けてしまうと、調整レンジの波に巻き込まれ、苦しい展開となります。

ちょっと、図にして解説していきますね。

まず、トレンドの強い波動(推進波)をB波として規定し、次のO波の発生を待ちます。

すると、こんなO波が発生しました。

B波に対して緩やかではなく、同等レベルの急角度でO波が切り返してきました。B波の前の調整波(青い矢印)と比べても、明らかに角度が鋭いです。

これは、異常事態です。

だって、O波が調整波なら、その角度は緩やかなはずで、B波よりも緩やかであるのが当然なんですから。

これは、下降トレンドの最中であるにもかかわらず、強い買いが入ってきているという証です。

なので、次のZ波の発生で仕掛けてはいけません。だって、異常事態なんですから。

しかし、このO波が短いということは、一時的な強い買いはあっても、継続的には続かなかったということでもあります。

で、これがO-2波の性質です。

単なる調整波(O-1)よりもトレンドに対する反対勢力が強い。しかし、強いのにもかかわらず継続できない。それが、「角度は鋭いが短い」という波動に表れています。

基本的に強い波動が出てきた場合、B波と同程度の角度でO波が切り返してくることが多いです。なかには、B波よりも強く切り返すものもあります。

ただ、これも一概には言えないので、「角度と長さ」において臨機応変に対応できる経験値を積む必要があります。

では、次のZ波の動向を見てみましょう。

O-2波が発生した場合、基本的に次のZ波はO-2波の始まり(下降トレンドなら直近低値、上昇トレンドなら直近高値)を越えられません。

下降トレンドの最中であるため、上がればやっぱり売り方が売り返してきますが、O-2波が発生したということは、下の方では同様に強めの買いが入ってくるんですね。

だから、思う様にトレンドは再開していかないんですよ。

ただし、近年においては、Z波がO-2波を一時的に超えることは多々ありますので、注意してください。しかし、そのほとんどはオーバーシュートで終わり、結果的にダマシとなります。

なので、Z波で仕掛けるのは(最初からスキャルピングのつもりでもない限り)、やってはいけない行為なんですねぇ。

で、その後の展開を見守ります。

すると・・・

基本的に、このO-2波とZ波が調整レンジの最初の構成波となり、調整レンジを形成していきます。

上図は、例えとして下降フラッグにしていますが、それ以外の調整レンジ(平行レンジやトライアングル等)も普通にあります。

ただ、この調整レンジの形成を待つ時に、出来れば注目してもらいたい点があります。

それは・・・

調整レンジにおいても、クシは機能するということです。

ですから、O-2波が発生した場合、予めクシを引いておき、Z波の到達を見守ることで、スキャルピングなど様々な対策を事前に考えておくことが可能になります。

また、この調整レンジはO-1の様に1波で構成される調整波ではありませんが、調整レンジ自体が調整波動となります。

であれば、この調整レンジ自体がO-1波と捉えることが可能になります。

なので、その調整レンジO-1波の到達確認と反転確認を行なうことで、上図青丸aのポイントでエントリーを仕掛けることが可能です。

もちろん、調整レンジをブレイクした青丸bのポイントもエントリーポイントであることには変わりありません。

B波+O-2波ときたら、O-2波は調整レンジを構成する最初の波動であるため、次のZ波からはどの様な調整レンジが形成されるのか動向を探る

これが、BOZ波動論における「B波+O-2波+Z波」のパターンにおける適切な対応方法となります。

ただ、注意してほしいことが1つ。

それは、調整レンジを形成したら、必ずその後はトレンドを再開させるとは限らないということです。

調整レンジは、トレンドを継続させる場合がほとんどですが、逆にトレンドとは反対方向への強い波動を発生させる場合もあるんですよ。

例えば、下降トレンド中でも、調整レンジがWボトムになるなどして、トレンドとは逆に価格がそのレンジを抜けていくこともあるわけです。

調整レンジ形成の次は必ずトレンド再開する、という思い込みは止めておきましょう。

実際のチャートで確認

ロウソク足をきちんと見よう

それでは、実際のチャートを用いて、O-2波が発生するパターンを見ていきたいと思うんですが、その前に1点。

プライスアクションと言うか、ロウソク足と波の関係をきちんと把握しておいてほしいんですよね。

「小さい時間足ばかり見てるのはダメ!」

と、僕は常日頃言っていますが、短い足を見た方がその状況を上手く捉えられることも多々あります。

例えば、次の図はポンド円の1時間足ですが、

赤い丸をつけたポイント、特に最後の2本のロウソク足を見た時に、

「割と強い売りが入ってるな」

と気付く必要があるんですが・・・

それが出来ない場合、より小さな時間軸を確認することで、数本のロウソク足を「波」として把握することが可能になります。

先の1時間足チャートの赤い丸のポイント、特に最後の2本のロウソク足を、5分足で見てみると、下図の様な波として認識できます。

買い上がる勢いより、売り下がる勢いの方が強いのが、波で見ることによって一目瞭然ですよね。

なので、小さい足を見ることは、細かい部分をきちんと把握するためには大切なことなんですね。

ただ、合理的に大きな時間足と小さな時間足を使い分けるには、先ほどの様に

1時間足の赤い丸部分のロウソク足を見ていても、下の時間軸では

この様な波が発生していることが、イメージできる様になることが大切です。

ただし!

何度も言ってますが、小さな時間足を見ることも大切だというのと、小さな時間足ばかりをガン見し続けることは、全く違います。

勝てないトレーダーというのは、大きい時間足の詳細を見るために小さい時間足を見るという合理的判断ではなく、単に目先の値動きが気になって仕方がないだけで、小さな時間足をガン見し続けているだけです。

そう、見ている様でいて、実は何も見ていないに等しい状態なんです。

ですから、勘違いしないでくださいね。

尚、波動を見る場合、自分が見やすい時間軸を選択するという心がけも大切です。

何が何でも1時間足で見なくては、というよりも、もう少し波の形をハッキリさせてチャートを観察したいのであれば、30分足に落として観察するというのも大切な手段です。

小さな時間軸ばかりを見るなと言うのは、目先の値動きばっかり気にして近視眼的になるなという意味なので、勘違いしないようにしてください。

実際のチャートで解説

では、O-2波が出現するパターンを、実際のチャートで見ていきましょう。

下図は、ポンド円1時間足で、以前書いた記事で使った局面なんですが、分かりやすいので再度使い回ししますが・・・

下降トレンド中の上図矢印で示した波をB波として、次のO波の発生を見守ります。

(この局面、見ての通りWボトムをつけているので、ここからO波が発生するだろうというのが分かりますし、Wボトムの発生に対してもBOZ波動論は適用できるんですが、キリがないのでその辺はスルーということで)

で、O波が発生すると・・・

明らかに強い波動が発生しました。B波よりもむしろ強い勢いです。O-2波確定ですね。

で、価格は到達ポイントと想定できるレジサポまで到達して終わり、反転を始めました。

この到達ポイントですが、このレジサポは環境認識上でも強く、またフィボナッチ・リトレースメントをB波の山と谷に当てると、ちょうど50%戻しになります。

なので、到達確認がシッカリしているので、ここでロジック通りにエントリーしても大丈夫っちゃ大丈夫なんですが・・・

何分、発生したO波は買い上がりが強いO-2波です。推進波であるB波よりも強い角度で切り返すO波というのは、そうそうありません。

この後、調整レンジを形成しても、価格は下抜けせずに上抜けする可能性も考えておいた方が良いかもしれません。

なので、BOZ波動論をBOZ流エントリー・ロジックと併用する場合は、上図青丸ポイントでのエントリーを見送ります。

で、次にZ波以降の値動きが、どう調整レンジを形成するか見てエントリーポイントを考えるんでしたね。

では、その後の展開を見ていきましょう。

レクタングル・フォーメーション(平行レンジ)を形成していますから、調整レンジの上限と下限のラインも確定しています。

なので、基本的にはこのレクタングル・フォーメーションを上下どちらかにブレイクしたポイントでエントリーするのが、正しい判断です。

ちなみにですが、その他テクニカルをで判断し、これが反転下落する調整レンジだと判断出来たり、スキャルピングでこのレンジ内を獲りに行くのであれば、レンジ上限である青丸のポイントで売っておくという手もあります。

では、結果を見てみましょう。

見事、狙い通りに相場は展開してくれたわけです。

フラクタル構造を意識しよう

言うは易し行なうは難し。

ということで、O-2波に関しては、もう1つ例題を出しておきますね。例題が多い方が、この記事を読んだ後に、各自が練習と検証をしやすいんじゃないかと思うんで。

下図は、ポンド円30分足で、チャネル・レンジをブレイクして下降トレンドが発生している場面です。

今現在、推進波が進行している状態なので、この波をB波として規定し、次のO波の発生を待ちます。

すると・・・

B波に対して、短いですが同程度の鋭さで上昇するO波が発生しました。明らかにO-2波です。

なので、次のZ波では仕掛けてはいけません。調整レンジの波に巻き込まれる可能性が高いんで。

ということで、Z波以降を観察し、どの様な調整レンジが形成されるかを見極めます。

クシと同じ角度にある三角保ち合いが形成されました。

で、上図は今ちょうど、このレンジを下に一旦ブレイクした後にロールリバーサルして再度下落を始めたところですね。

絶好の売り場です。すかさずここで、売りエントリーです。

( ̄∇+ ̄)vキラーン

 

 

え?ホントですか?

ここで、売っちゃっていいんですか?

僕なら、ここでは絶対売らないですけど。

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

実はこれ、引っかけ問題です。

щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

ここで安易にエントリーすると・・・

ほら、こんな風にエントリーしても下がるどころか逆にせり上がってしまって、損切りさせられる羽目になっちゃうんですよ。

「知っただけで、出来る様にはならない」

って僕が言っているのは、まさにこのことです。

BOZ波動論は基本原理こそシンプルですが、やはり実践で扱うには難しい側面があるんです。

まぁ、そのことを示したくて、敢えてこの局面を例に選んだんですけどね。

では、なぜこんなことが起こるのでしょうか?

それを知るために、もう一度、先ほどのチャートを見てみましょうか。

確かに、下降トレンドが発生してから、クシで表現されるO-1波は規則性を保っています。

が、この調整レンジ、今までのクシで示される調整波に比べて、やたらデカくないですか?デカいですよね。

実はですねぇ・・・

チャネル・レンジをブレイクしてから発生している下降トレンド(緑色の矢印)を、上の時間軸である4時間足で見ると、どうなると思います?

緩やかに長く続く下降トレンドの調整局面(下降フラッグ)を下抜けた際の、推進波ほぼ1辺でしかないんですよ。

であれば、適用すべき本来のクシは、

コッチの方なんですね。

ということで、再び30分足チャートで見ると、

ということになるわけで。

で、結果は・・・

となるんですよ。

で、これを4時間足で見ていたら、

なんてことない「B波+O-1波+Z波」のパターンなので、単にO-1波の高値からの反転確認から売るか、O-1波を具現化しているクシをブレイクしたところで売れば良いだけだったんですね。

相場はフラクタル構造なんですよ。

なので、小さい時間軸をガン見して上手く立ち回ろうとする方が、むしろ難しいことって多いんですね。

で、この例題は引っかけ問題と言いましたが、BOZ波動論を実践で用いるにしては、これはまだ難易度が低い方です。

( ̄ー ̄)ニヤリ

「知っているからって、出来るわけじゃない」

ですから、きちんと出来る様に、練習と検証を重ねていく必要があるんです。

さらに難しい例をもう1つ

トレードとは確率論ですから、常に100%の回答を導き出せるものは、存在しません。

それは、BOZ波動論においても同じです。

様々な状況を考慮しながらテクニカルを用いなければ、千差万別な相場の荒波を乗り越えていくことは難しいわけです。

なので、BOZ波動論を1側面だけ見て用いても、失敗してしまうことは多いんですね、実際のところ。

下図は、先ほど解説していたポンド円1時間足チャート図の場面なんですが・・・

レクタングル・フォーメーションを下にブレイクして発生した推進波(Z波)を、今度はB波と規定して次のO波を見た場合、明らかにそれは角度の緩やかなO-1波です。

しかし、上図を見ての通り、O-1波動の後なのに、それに続くZ波は推進波となってV字回復していません。

この後の展開を見ても、

長~い調整レンジが続いていくんですよ。

では、なぜそうなるのか?

それを知るには、やっぱり大きな時間軸を見ていく必要があります。

上図は日足チャートで、赤い丸が先ほどまで1時間足で見ていた局面です。

見ての通り、日足レベルでレジサポなので、一筋縄でここを抜けるには相当の理由がなければいけないんですよ。しかもこのレジサポ、更に週足、月足で見ても確認できる水平線です。

そりゃあ、簡単には抜けないわな。

で、更にややこしいのは、先ほどの1時間足チャートで見ていた、

このO-1波ですが、これを4時間足で見ると、下図の赤い四角で囲った部分がそれなんですが・・・

そもそもO波自体が認識できませんし、

逆に5分足レベルでこの局面を見ると、

赤い四角で囲った部分が、1時間足で見たO-1波なんですが、この5分足チャートで事細かく見ていくと・・・

1時間足チャートで見たO-1波の発生の前に起きてる波動(青色の矢印)に注目すると、

B波の次に発生したO波はO-2波であり、この後からは調整レンジに入ることを示唆しています。

また仮にB波を緑色の矢印部分として規定してしまったとしても、その後に来た波はO-2波であり、やはり調整レンジに入ることを示唆しています。

O-2波が発生するということは、価格が再び下がってきたとしても、下の方では強めの買いが入ってくるという証でしたよね?

以上の様に、単純に1つのチャートを一方的な見方で判断して、

「これはO-1波だから、この後のZ波でV字回復する」

とは、必ずしも言えないんですよ。

きとんと波の性質を理解しながら判断し、フラクタル構造の中にある波の状態を、複数の時間足で把握しながら、用いていく必要があります。

基本原理は簡単でも、扱うのは難しいというのは、このことなんです。

しかもこのO-1波とO-2波のパターンは、BOZ波動論の中でも、比較的扱いも基本原理も分かりやすい方です。

O-3波とO-4波を扱えるようになるには、更にもっと腕を磨いていく必要があります。

ですから、この記事の解説を読んだだけで、

「おぉ!これは使える。早速トレードに使って儲けよう!」

なんて舐めたマネはしない様にしてくださいね。

非公開部分におけるヒント

さて、ここからはオマケです。今回、非公開にしている部分に対して、ヒントだけ置いておこうかな、と思っています。

で、置いておくヒントの内容は、

「反転波動」

です。

今回、O波に関する情報はO-1波とO-2波しか公開していないわけですが、まぁこの2つを前提として考えると、

O-3波かO-4波は「角度が緩くて長い」「角度が鋭くて長い」になるんじゃないのかなぁ?

なんて具合に推測すると思います。

まぁ、当たってなくもないですが、正しいとも言えないというのが、真実です。

例えば、B波に対して角度が鋭くて長いO波動が生まれた場合、それは今までのトレンドに対して反転上昇していく可能性を秘めているのは確かです。

がしかし、

「じゃあ、長いってどれくらいの長さ?」

ということにもなりますし、実際は長さが短くとも角度が鋭ければ反転波動となることも結構あるんですよ。

今回お話したBOZ波動論の続きを、安易に自分勝手な妄想で作り上げて、実際のトレードに使用したり他人に吹聴するのは、止めてくださいね。

ただ、せっかくなので、この一連の流れで波動が推移した場合、価格の方向性は反転するという例を1つ紹介しておこうと思います。

で、そのヒントは僕のTwitterにおける会話にあります。

先ほど、iceさん(@iceisasis)に許可を頂いたので、その際のTweetを載せておきますね。

まぁ話の流れはリンク先を見て把握してもらえば良いんですが、僕はiceさんが載せたこの時のチャート画像を見て、

「これは、このまま反転上昇するかな」

と思ったんですよね。

で、その時の僕は、このTweetと共にアップされた5分足チャートの画像だけしか見てなかったので、自信を持って言える状況ではなかったんですが、

基本的にこの波動の流れは、「ここから反転上昇が始まる」という見方をするのが、僕のBOZ波動論における「反転波動」の見方なんです。

この局面をPCのMT4の5分足チャートで見ると、

この赤い四角で囲った部分だけを見て、「反転上昇しそう」と思ったんわけで。

で、結果的には・・・

こんな感じで上昇してます。

1時間足で見ると、こんな感じで反転上昇しています。

どうです?

たったこれだけの局面を見ただけで、相場が反転上昇するのを見抜くって、凄いでしょ。

これがBOZ波動論の威力です!

( ̄∇+ ̄)vキラーン

 

と、カッコつけて言ってますが、正直スマホの5分足チャート画面見ただけで、これが正解する確率は、恐らく6割あるかないか程度です。しかも、ここまで上昇するとまでは判断できない・・・

すみません、ちょっとカッコつけてみたかっただけなんです。

(* ̄∇ ̄*)ゞ テヘッ♪

 

話の流れを追っていけば分かると思いますが、このスマホの5分足チャート画像を見ただけの段階だと、僕の発言はちょっと自信なさ気でしょ?

で、きちんとチャートを確認した後に、ちょと得意気に上昇する可能性を語り出してる。

ホント、僕って器の小っちゃい奴です。

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 

ま、僕のくだらない自慢話はさて置いて、相場を判断するということは、単にこの5分足の局面だけで見るのではなく、様々な状況を見ながら判断していく必要があるんですね。もちろん、この波動論だけでなく、全てのテクニカルにおいて、です。

そして、判断した局面だけで全て完結するわけではなく、その後の価格推移を観察しながら、この後どう展開していくかを注意深く見守る必要があります。

結局ね、何が言いたいかというと、

全ては当たり前のことを、当たり前の様に出来る様になることが、上達するための必須条件なんだ

ということなんですよ。

何か神秘的に見える様なトレード論であったとしても、実はそれって、単に基本に忠実なだけで、様々な状況を考慮しながら1つ1つの現状を注意深く観察し続けているだけなんですよ。

当たり前のことを、少しづつ積み上げていった結果、

それが、何もしない人にてっては、神秘的に見えるだけなんです。

終わりに

この記事のタイトルは「これがBOZ流!BOZ波動論(1)」となっていて、(1)があるんだから(2)もあるだろう的な感じになっています。

でも、あるかどうかは僕でも分からない。

全ては状況次第ですし、僕の解説者としての実力アップ次第でもあります。

O-3波やO-4波に関しては、様々な要素が絡み合っていたり、リバース・チャネルやらこのブログではまだお話していない別の知識も必要だったりしますし。

また、移動平均線を用いるやり方など、原理を他のテクニカルで体現させる方法もあるんですが、それまた説明が長くなるしややこしくなるし・・・

ということで、このBOZ波動論の次回作は、あまり期待はしないでおいてください。

そのために、「ヒント」を用意しました。

ある程度お膳立てしておきましたから、今現在、非公開の僕の波動論の部分も、努力と検証次第で、十分たどり着けると思います。

でもまぁ、僕自身は

「トレンド・フォローがきちんと出来る様になれば、それだけでOK!」

( ̄∇+ ̄)vキラーン

と思ってる人なので、波動論としては今回の記事に書いてあるO-1波とO-2波を実践で使える様に出来たら、それで十分だと思うんですけどね。扱いも難易度も比較的低いですから、実践性は高いはずですし。

今回お話したBOZ波動論の内容は、僕の日足5SMA分析シリーズや、チャートデザイン・シリーズを見て、まずはトレンド・フォローで収益化を目指すために、日夜頑張っている人たちに向けて、公開したつもりです。

頑張りましょう。

それじゃあ、また。

 

 

 

 

エントリーポイントの狙い方(4)

前回の記事で「日足5SMA分析シリーズ」を復活させたのにも関わらず、今回は「エントリーポイントの狙い方」シリーズの続編をアップすることにしました。

というのも、日足5SMA分析シリーズの続きを書いていたら、むしろ「エントリーポイントの狙い方(3)」の続きみたいな内容になってしまったというのが理由です。

(* ̄∇ ̄*)ゞ テヘッ♪

で、「エントリーポイントの狙い方(3)」においては、トレンド中の押し・戻しを拾いに行く際に、

「V字回復のイメージに囚われてはいけない」

といったお話していますが、今回はその辺をより明確にして、どの様にエントリーを考えていくかを解説していこうと思います。

それじゃあ、始まり始まり~~!!

トレンド時の調整局面について

2つの調整局面

トレンド中の押し戻しを捉える場合、既にお話している基本ロジック

  • 到達確認
  • 反転確認

を用いるわけですが、実際問題として、その基本ロジックだけで比較的容易に獲れるものと、なかなか上手くいかないものとがあります。

というのも、トレンド中の調整局面には、大きく分けて

  • 1辺の波で形成される調整波
  • 複数の波で形成される調整レンジ(パターン)

の2つがあるからなんですね。

1辺の波で形成される調整波というのは、下図の様に、

調整がジグザグと複数の波で描かれることなく、1辺の波で終わるもののことで、この場合、調整が終わるとV字回復してトレンドが再開します。

図にすると、とってもシンプルな調整ですね。

それに対して、調整レンジとは、調整波が複数の波で構成され、一時的にレンジを形成するものをいいます。

その場合、多くは「チャート・パターン」とか「フォーメーション」と呼ばれるお馴染みのパターンを形成します。例えば、こんな感じ。

もちろん、パターンは上図のもの以外にもいくつかあります(チャート・パターンの種類の話を始めると長くなり過ぎるので割愛します。機会があれば別記事にでも)し、パターンがはっきり認識できない調整レンジもあります。

詳しくはこの後解説していきますが、まずは調整局面には、

  • 1辺の波で形成される調整波
  • 複数の波で形成される調整レンジ(パターン)

の2種類があるということを、まずは頭に入れておいてください。

では、次の解説に進みましょう。

1辺の波で終わる調整波の場合

1辺の波だけで構成される調整波の場合、結果としてそれはV字回復してトレンドが再開します。

ですから、エントリーポイントは基本ロジックを踏まえ、

まずは上昇を後追いしてエントリーするのではなく、

まずは、到達確認を行います。

で、想定した到達ポイントできちんと価格が止められるかどうかを確認し、

次に反転確認を行なうんでしたね。

で、反転が確認出来たらエントリー。

結果的に、1辺の波で調整が終わってV字回復する調整の場合は、単純に基本ロジックを踏まえてエントリーするだけで、比較的容易にその局面を獲ることが出来ます。

具体的にチャート図を使って見ていきましょうか。

A-Bの部分を見てください。上昇する価格が押し目を形成して下降し出していますが、このケースでは、ロウソク足がジグザグと波を描かずに、徐々に高値低値を切り下げているだけなので、1辺の波にしかなっていません。

ですから、A-Bとパターンライン(上昇トレンド中の調整波を表す切下げライン)を引いて待ち構えるという、至ってシンプルに対応できる局面なんですね。

到達確認もシンプルです。短い水平線で示した様に、ここがレジサポになるのはそれほど難しい判断ではありませんから、そこに来るまで待てば良いだけです。

念を押してC-Aにフィボナッチ・リトレースメントを当てると、このレジサポの位置はちょうど23.6%と合致します。D-Aでフィボを当てたとしても、76.4%と合致します。

で、価格がこのポイントに到達した確認を行い、次に引いておいたA-Bのパターンラインをブレイクしたら反転確認OKです。ちなみにストキャスを確認しても、青丸の通り反転を示唆しています。

直近低値Dを下回らずに上昇しているので、スイングとしてずっと持ち続けていたら爆益ですし、直近高値Aをやや超えたけど直ぐに引き戻された時点でチキンとなって逃げたとしても、35pips程度は獲れたトレードになったでしょう。

以上の様に、トレンド中の1波で形成される調整波からのエントリーは、ロジックさえきちんとしていれば、特段難しいものではありません。

ところが、実際にトレードしていくと、この基本ロジックだけでは上手く獲れないケースに多々遭遇します。

調整レンジに巻き込まれてしまう現実

では、1辺の波で調整が終わらない調整レンジの場合、一体どこでエントリーすれば良いのでしょうか?

例えば、その調整レンジが「上昇フラッグ」だった場合は、どこでエントリーします?

テクニカルを少し勉強した方なら、即答できると思います。下図で示した赤い丸のポイントですよね。

「形成したパターンをブレイクしたところ」

が、調整レンジにおける正しいエントリーポイントなるわけです。

 

へ~、そうなんだぁ・・・

パターンをブレイクしたところで、エントリーすれば良いんだぁ・・・

へ~、すっごく勉強になります(棒読み)

ふ~ん・・・

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ま、確かに間違っちゃいません。僕も解説する時は、確かにそうせざるを得ないですから。

でも、実はそれって、現実のトレードからは乖離した解説なんですよ。

だって、レンジブレイクからのエントリーって、それはレンジが既に出来上がったチャートにラインを引いた後付け解説ですよね?

現実のトレードにおいては、そんな都合良くいかないことの方が多いんですよ。

例えば、リアルタイムで以下の図の様な、下降トレンド中の戻し局面を見ているしましょうか。

見ての通り、下降トレンド中に一旦戻り高値をつけ、小さく揉み合った(ディセンディング・トライアングル)あと、そのネックラインを下抜けた上図赤い丸の場面なんて、絶好の売りポイントとして判断しやすいです。ストキャス見ても、反転下落を示唆していますし。

このチャンスを逃すわけにはいきません。即、売りエントリーです。

ところが、結果としては・・・

売った後は下げ切らずに、直ぐに上昇を始めてしまっています。

セットアップ自体は間違っていないので、我慢して持っていれば救われていますが、エントリー根拠とした山部分の高値を一旦越えてますから、恐らく慌てて損切りし、その直後に爆下げし出すという、トレードあるあるな展開になっていたんじゃないかと。

ほ~ら、上手くいかないでしょ。

( ̄ー ̄)ニヤリ

でもね、この局面を後付けチャートで解説するなら、とっても簡単なんですよ。

だって、出来上がったチャートにラインを引いて、

「ほら、ここで下降トレンド継続を示唆する下降フラッグを形成していますよね。ここを下にブレイクしたポイントでエントリーしましょう。オシレーターもちょうどデッドクロスしてますしね」

ってな感じで、ドヤ顔で言えるわけですから。

ひょとして、アナタよりトレードが下手くそな人間が、これ見よがしに上図の様な解説をして、アナタから授業料を貰っているかもしれません。

(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

つか、これってもう詐欺とかいうより、悲喜劇でしかありません。

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

もちろん、ちょうど下降フラッグが形成されていると認識できるタイミングで、チャートを開いたなら、上図の様に下限ブレイクで仕掛けることは容易かもしれません。

しかし、先ほどの図の様に

この辺りの局面からチャート見ていたとしたら、この段階で「これから下降フラッグを形成します」なんて、判断できますかね?

出来ないでしょ、普通。

だからこそ、戻り売りを仕掛けてしまい、

この様に、仕掛けた直後にせり上がってしまって、損切りさせられてしまうんですよ。

調整局面で仕掛けてみたら、調整レンジに巻き込まれてしまうってことは、実際にトレードしていれば、日常茶飯事にあることなんです。

実際のトレードでは、先の見えない中でエントリーポイントを探さなくちゃけいません。だから、難しい。出来上がったチャートで後付け解説するのに比べて、リアルタイムでトレードするということは、遥かに難しいわけです。

調整レンジに捕まる仕組み

エントリーしたら調整レンジに巻き込まれてしまう・・・

というのは、実はトレードのロジック上、ごく自然なことなんですよ。

これについての仕組みを、図にして端的に説明しますね。

例えば上昇トレンドの場合、価格が下がる波を描き出したら、それは調整が始まったことの証になります。

であれば・・・

上図の様に、反転上昇を始めたポイントで仕掛けるのは、当たり前の行動になるわけですよね。

しかし、実際のところ、どうかと言えば・・・

エントリーした後に、素直にV字回復してトレンドが再開するとは限らないわけですよ。

で、結果的に・・・

上図赤い丸のポイントで仕掛けてしまったにもかかわらず、調整レンジに巻き込まれてしまうという現実に直面するわけです。

リアルタイムでトレードを行ない、先の見えない中で押し目を拾いに行こうとすれば、むしろ当然の結果です。

しかし、このポイントでエントリーしてしまうと、調整レンジの渦に巻き込まれてしまい、含み益が出たと思ったら含み損を抱えてしまい、また含み益が出たと思ったら再度含み損を抱えてしまう・・・ということを繰り返す、嫌な時間を過ごすことになります。

もちろん、セットアップが正しければ、ほとんどのケースでエントリーした方向へと抜けていくので、最終的には救われる結果となることが圧倒的に多くなりますし、

調整レンジをブレイクした時に仕掛けるよりも、結果として見れば安値で買ったり高値で売ったことになるので、お得っちゃお得です。

理屈の上ではね。

しかし、リアルトレードでは、やっぱり先のことは見えないわけですから、下手をするとエントリーポイントを下回ったところで慌てて損切りし、次にオレンジ色のところで再度エントリーして損切りし・・・を繰り返してしまう恐れもあるわけで。

まぁ、いずれにせよ苦しい展開になるわけです。

先の見えない中でトレードするって、後付け解説するよりも容易じゃないんですね。

ということで、僕ら実際にトレードをして収益を稼ぎ出そうとするトレーダーは、この一寸先は闇状態の中を乗り切る術を持つ必要があります。

では、この様に調整局面とはいっても、1辺の波で終わる調整局面なのか調整レンジなのかが予め分からない中、どの様にしてエントリーの考え方を構築していけば良いのか?

これについて、次に解説していこうと思います。

まずは前回の復習

このシリーズの前回となるチャートポイントの狙い方(3)においては、明確に「調整レンジ」との枠組みでお話していませんでしたが、V字回復になるとは限らない調整に対応するために、

  1. 到達確認をきちんととる
  2. 浅い到達ポイントには注意する
  3. トレンドの状況(強弱は?・何波目?)を考慮する
  4. 小さな時間軸で追いかけない
  5. 環境認識を大切にする
  6. 適切なビルドアップがなされてから仕掛ける

という内容のお話をしました。

で、今回は「調整レンジ」というものを明確にして対応するために、それ以外の考え方をお話していこうと思っています。

が、その前に前回にもお話している

  • 到達確認(到達確認をきちんととる・浅い到達ポイントには注意する)
  • 俯瞰して見る(小さな時間軸で追いかけない・環境認識を大切にする)

について、再度念を押しておこうと思います。大事なことなのに、軽視されがちなので。

到達確認をきちんととる

繰り返しお話しますが、順張りの押し戻しを捉える際のロジックは

  • 到達確認
  • 反転確認

の2つが基軸になります。そして、この2つが揃って初めて「正しいエントリー」となります。

ただ、状況によって片方のみの確認でエントリーしても良いというのは、既にお話していますよね。

しかし、その優先順位は

  1. 到達確認
  2. 反転確認

の順番です。これ、もう少し正確に言うとするならば、

相場の状況から到達確認を獲った後に反転確認せずにエントリーすることはあっても(例えば反発狙いのスキャル等)、到達確認を行わずに反転確認のみでエントリーするのは危険行為

ということなんです。

以前にも言いましたが、到達確認を行わず反転確認のみでのエントリーの精度は低いです。

到達予測ポイントとは、チャートポイントとなり得るポイントですが、チャートポイント以外で反転確認を行なった場合のテクニカルの信頼度は低いんですよ。つまり、ダマシが多い。

なので、きちんと到達ポイントを想定し、そこから反転するかどうかの確認が大切なんです。

先ほど解説で使った下のチャート図、覚えてますか?

反転したと思って売ったら失敗した場面でしたよね。

でも実はこのポイント、きちんと到達確認を行っていません。

きちんと到達ポイントを探っていたとしたら、

上図青い丸のポイントを見ながら到達ポイントを考えていくと、オレンジ色のゾーンがそれに当たるのではないか?

と、まずは想定できると思います。

で、この想定した到達ポイントの根拠の裏付け強化のため、フィボナッチ・リトレースメントを引いてみます。

すると、このオレンジ色のゾーンの上限が50%戻し、下限が38.2%戻しに相当することが分かりました。

となると、このオレンジ色のゾーンの下限が、到達ポイントの第一候補、上限が第二候補になるわけです。

であれば、きちんとこの到達想定ポイントにまで価格が到達するまでは、何があっても「待つ」必要があるわけですよねぇ・・・

しかし、見ての通り、

到達ポイントに到達するのを待たずに売りエントリーしてしまったため、売った後にもう一度到達ポイント目指して価格がせり上がってしまう、という悲劇が訪れてしまったわけです

もう一度、到達ポイントをテクニカルを用いて想定した時のチャート図を見てみましょう。

きちんと到達確認してからエントリーしておけば、調整レンジに巻き込まれることはないどころか、

調整レンジが終わったポイントで仕掛けることが出来た

ということが分かりますよね。

この様に、押し戻しを拾う場合は、必ず到達確認をする必要があります。

でもなぜか、反転確認はするのに、到達確認は軽視しがちなんですよねぇ・・・

僕自身ですら、このロジックが明確化できる前は、到達確認を軽視して反転確認のみでエントリーすることが多かったんですよ。

でね、その原因はやっぱり「欲望」からきているんですよ。

だってね、

やっぱりこんな局面を見ちゃったら

「このチャンス逃したら、もったいない!」

ってなるじゃないですか。

ここで売りエントリーしなかったせいで、この後に雪崩のごとく価格が下がり出すのを指をくわえて見ていることになったら、もう悔しくて悔しくて夜も眠れませんもんね。

で、そんな感情が「欲望でトレードしている」という証です。ロジックもへったくれもありゃしない。

だから、勝てないんですよ。

どんなに反転しかけてる様に見えても、大切なのは「到達確認」です。

このことを肝に銘じておくことで、安易に調整レンジに巻き込まれたり、ミス・エントリーをしてしまうのを大きく防ぐことに繋がっていくわけなんですね。

 

しかし!

 

残念なことに、到達確認が大切と言い聞かせると今度は、到達ポイントを自分の欲望に合わせて設定してしまうんですよ。

到達確認を行なう場合のテクニカルで、重要視しなくちゃいけないのは、まずはレジサポです。

上図で言えば、緑色の丸のポイントを見ながら、オレンジのゾーンが想定できますから、早くてこのゾーンの下限ライン、遅くてこのゾーンの上限ライン辺りに価格が来るまで待つことが大切なわけです。

しかし、そこまで待てない人は、到達ポイントの理由付けとして単にフィボを持ち出して、

「38.6%に到達した!このチャンスを逃したら勿体ない!オシレーターも反転下落を示唆してるし!」

ということで売っちゃうんですよ。

フィボだけを到達ポイントの根拠に持ち出すのは、正直根拠としては薄いんです。

(もちろん、フィボ数値の辺りで一旦売りが入ることは多いので、スキャよりのトレードとして「反転」ではなく「反発」狙いの売りトレードなら、それでOKですが)

上図では最後のロウソク足が長い下ヒゲ陽線なので、通常はエントリー控えておかくしくない場面です。

が、ロジック通りにトレードできない人の頭の中は「爆益」の妄想ばかりなので、ロウソク足確定まで待てるはずもなく、確定する前の一時的な下げを見てエントリーしちゃいます。

もちろん、そんないい加減な到達確認でも、上手くいくことはありますよ。だってトレードに絶対はなく、確率論ですから。

しかし、確率論であるが故、そのほとんどのケースは失敗に終わります。こんな感じで。

エントリーの基本ロジックを知ったところで、それを自己都合で解釈して用いていたら、いつまで経っても負け続けのトレーダーのままです。

「到達確認が大切」

というのは、単にやれば良いという意味じゃないんですよ。大切であるがゆえに、シッカリと行なう必要があるという意味なんです。

俯瞰して見る

勝てない人の特徴として、

「小さな時間軸ばかりをガン見」

というのがあります。

しかし、このシリーズの前話でもお話した様に、実際は小さな時間軸で追いかけてエントリーすることの方が、難易度が高いんですよ。

1時間足で判断していたら、鼻くそほじりながらYouTube観て、たまにチャートをチラ見してエントリーするだけで勝てるようなポイントを、

5分足を必死でガン見しながら値動きを追いかけて、結果的には資金を減らし続けるわけなんです、勝てない人って。

で、挙句の果てには

「メンタルが・・・」

なんて反省しながら自分を責めるという、意味不明なことをやり出すんですよ、勝てない人って。

 

全くお門違いな行為を全くお門違いな反省点持ち出して、クヨクヨしたり自分で自分を励ましてみたりって・・・

 

マジ、ウケるわ。

щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

 

すみません、昔の僕自身の話です・・・

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 

で、話を元に戻しますが、実は、1時間足を見ていたって、その値動きに翻弄されることもあるんですよ。

ちょっと例を挙げてみますね。下図はポンド円の1時間足です。

B-Eと上昇した後の押し目を拾おうとする場合、赤い矢印2本の辺りで買いエントリーしやすくなります。

到達想定ポイントとして引いた短い水平線は、ちょうどB-Eの半値押し(50%押し)したところで、なんだかレジサポとして機能している様に見えます。

なので、矢印で示したロウソク足では反転し出した様に見えてしまい、早合点してエントリーしやすくなってしまいます。

この手のポイントって、経験則で言えば、不思議と色んなインジがサインを出しやすい傾向にあります。上図ストキャスも低値圏からゴールデンクロスしてますし。

しかし、次の展開を見ると・・・

買った後は上がることなく下がり出します。買いの根拠の1つとなった半値戻しラインを①で割り込むので、人によってはここで損切りかな。

でね・・・

多くの場合、こういった局面に出会うと、

「あれ?おかしいな?何か間違ってる?それとも・・・」

なんて感じで、何とかこの相場の局面を分かろうとするんですよ。

でも、それって間違ったトレードのやり方です。

分からないのであれば、本当は諦めて手を出しちゃいけないはずです。分からない局面というのは、トレードする場ではなく、検証の場に持ち込む局面なんですから。

自分の今の実力の範囲で分かる様になるところまで待つことが基本セオリー

なんですよ。

しかし、多くの人はこの相場を分かろうとして、色々とラインを引いてみたり、別のインジを取り出しては当てはめて考え出したりします。

上図で言えば青色のラインを引いて見たりして、斜めラインや水平線をブレイクするのを待ち構えたりするんですね。

で、上図は既に終値が確定しているので、②では引いたラインを越えきれなかったことが明確ですが・・・

大体この様な「この局面を何とか分かりたい」という心理状態の時って、基本待てないですから、ロウソク足が確定する前に一時的にラインを上回ったところでエントリーしがちです。

で、見ての通り高値掴み。買った直後に下がり出すんですよ。そして、直近低値Bを下回ったので、慌てて損切り・・・という展開でしょうか。

ただ、損切りした直後に、実は次のエントリーポイント③が待ち構えていたりします。1時間足75SMA(日足5SMAの近似値)を下抜け出来ずに弾き返され、ストキャスも反転上昇の示唆。

でも、ここまでの過程で繰り返し失敗した人って、僕の経験則から言っても、この③のポイントではエントリー出来ないんですよ。心、折れちゃってますから。

いや、むしろこんなに落ちちゃうと、逆に更に下げてくる様に見えちゃって、売りをかましたりし出します。

で、その後の展開は・・・

③で買って正解でした。

ちなみに、きちんと待つことが出来たら、上図の様にパターンラインを引いて(水平線も斜めラインもどちらでもOK)、上昇を続ける75SMAを上抜いてブレイクしたところ④の辺り(ストキャスも反転上昇示唆)を買いエントリーするのが、最も手堅いやり方です。

さて、以上見てきたように、調整が波1辺で終了した場合はV字回復するので楽勝なんですが、複数の波の構成で調整が行われるケースって、単純ではないんですよ。

で、どうしてこのような調整レンジで振り回されやすくなるのか?分かる様になるまで待てないのか?

というと、その理由はいくつかあって、調整レンジに対する具体的な対応策は、この後お話していきますが、

でもまぁ、それらの原因を作っている大きな要因の1つは、

「このタイミングが、もし絶好のチャンスだったとしたら、それを逃したらもったいない」
「出来るだけ波の端っこで入って、リスク最小、利益最大にしたい」
「ちょっとしたチャンスもリスクも見逃したくない」

といった心理的なものを起因とした

「細かい値動きを気にし過ぎる行為」

なんですよ。

こういった行為は、一時的に上に行っただけ下に行っただけ、という値動きに振り回されやすくなるだけでなく、1個1個形成されるロウソク足を追いかけていることで、近視眼的な状況に陥ってしまいがちになります。

仮にそれが分足ではなく、1時間足であったとしても、です。

この局面、今度は4時間足で俯瞰して見てると、どうなると思います?

赤い四角で囲った部分が、先ほどの調整局面で、斜めラインで引かれている波が、先ほど1時間足の値動きで振り回されていた局面です。

このポイントを1時間足で見ていた時は、価格は蛇行する波を描いていて、その値動きに振り回されていたわけですが・・・

4時間足で見ると、2つの階段を1段下りただけの様な値動きになっていて、4時間足20SMAに到達してもまだロウソク足は反転上昇するような気配を見せていません。

1時間足の時と比べると4時間足の方が至ってシンプルで、そのままレジサポを引いて待っていれば良いだけでOK。

そのレジサポと4時間足20SMAが重なった辺りに価格が到達すると、今度はこの2つに支えられる形で再び上昇を始め出します。

その後は、斜め切下げラインと4時間足20SMA(日足5SMAの近似値)を上抜いた場面でエントリーすれば良いだけ。ストキャスもちょうど反転上昇を示唆していますしね。

4時間足で見ると、調整1波によるV字回復に近い形の調整でしかなかった結果になります。

仮にこのタイミングを逃したとしても、次のレジサポを抜けた後のロールリバーサルでエントリーが可能です。

つまり、この局面において4時間足では、余計な値動きに惑わされずにエントリーするチャンスが、少なくとも2回はあったということになります。

1時間足で値動きを追いかけるより、4時間足で見ていた方が、かなりシンプルにトレード出来ていたんですよねぇ。

しかもこの局面、実は日足で見ていたら、もっとシンプルでしたよ。下の図がそれです。

見ての通り、下降する調整波どころか3本のロウソク足が横に小さく揉み合っていた局面でしかありません。

1本目のロウソク足が陽線で2本目が陰線、この時点で2日間レンジを形成していたことが分かりますし、どの様な分析方法であってもこの相場環境では「買い」のセットアップが普通(だって日足上昇トレンドまい進中)ですから、

日足チャートで3本目のロウソク足がそれまでの2本の高値を上抜くまで、鼻くそほじくりながらのんびりと1日過ごして、上抜いた後は下の時間軸に切り替えて買うタイミングを計れば良いという、なんともスローライフなトレードでOKな局面だったわけです。

( ̄ー ̄)ニヤリ

しかも、この3本のロウソク足の揉み合っている部分の低値は、1時間足で言うとどこの部分にあたると思います?

Bではなくて、Dがこの揉み合いの低値なんですよ。

つまり、1時間足だけ見ているとBのライン下抜けで損切りしてしまいがちでしたが、実はそこで損切りするのは間違い。Dの低値が市場では実際に意識されていた低値でしたから、Dのラインを越えるまでは持っていてもOKだったんですね。

この様に、小さな値動きを捉えようとすると、逆にその値動きに振り回されてしまうことは、何も1分足や5分足に限らず、1時間足でも起こってしまうんですね。

相場というのは、細かい値動きを捉えないと把握しづらい面と、細かい値動きに注意が行くと把握しづらい面があるんですよ。

なので、チャートをズームアップして見ることも大切ですが、そればかりが気になってしまい大切な大局を見逃してしまっては、元もこうもありません。俯瞰して見ることも大切なんですね。

1時間足以上の時間足もきちんと見ておくことの大切さ、分かってもらえたでしょうか?

調整レンジに対する考え方

調整レンジに対応するための考え方として、シリーズ前回の解説はきちんと踏まえておいてほしいんですが、それ以外にも踏まえておいてほしいことが、いくつかあります。

以下が、そのポイントですね。

  • エントリーポイントを変更する
  • エントリー後の動向を観察する
  • 建玉操作
  • 最初の調整波の値動きで判断する

ここからは、それらについて詳しく解説していこうと思います。

エントリーポイントを変更する

調整レンジに巻き込まれることを回避するために、エントリーポイントを変えるという考え方があります。

トレンド中のエントリーの仕方として、僕は反転ポイントを推奨していますが、実はもう1つのエントリーポイントがあります。

これ、「エントリーのタイミングをどう考えるか?トレンドフォロー編」でもお話しているので、その時の画像を使いますが、

僕が常に解説しているエントリーの仕方は、エントリーポイント2の方ですね。

しかし、エントリーポイント1の様に、直近高値を越えたところでエントリーするという考え方もあるんですね。むしろこちらの方が、教科書的な解説としては主流であるかもしれません。

ダウ理論で言うと、例えば上昇トレンドは「高値低値を切り上げ続ける」ということが定義です。しかし、そのことをもう少し掘り下げていうと、

「低値を切り上げたという事実は、その後に高値を切り上げない限り分からない」

というのが正確なんですよ。なぜかというと、

上図の様な展開になってもおかしくないんですね。僕の推奨するエントリーポイントの狙い方というのは、そのウィークポイントを込みでの考え方なんですよ。

しかし、エントリーポイント1の様に直近高値越えでエントリーすると・・・

上図の様に、どの様な形の調整レンジであっても、その渦に巻き込まれることはなく、エントリーすることが出来る様になります。

エントリーポイントを直近高値越えに変更することで、V字回復においても調整レンジにおいても対応することが可能になるわけです。

( ̄∇+ ̄)vキラーン

 

と言いたいところなんですが・・・

 

そうは問屋が卸さないんですよ。

┐(  ̄ー ̄)┌ フッ・・・

 

実は、直近高値越えでのエントリーには、致命的な欠点があるんです。

例えば、先の解説で使ったチャート図で確認しただけでも、

直近高値でエントリーした直後に下がり出すケースって、メチャクチャ多いんですね。いわゆる「ダマシ」ってやつで、直近高値越えしたと思ったら再び下がり出し、結局レンジを形成し出すんですよ。

もちろん、トレンド・フォローとして上昇トレンド中を買いエントリーしていますから、正確な直近低値を下回らない限り損切りしなければ、結果的には救われて利確できるトレードにはなります。

しかし、この致命的欠陥は、単に「ダマシが多い」だけじゃ済まされない、結構重たいものになるんですよ。

例えば上昇トレンド中の押し目を拾いにいって、僕が提唱する反転ポイントのエントリーで調整レンジに巻き込まれた場合は、

見ての通り、レンジの中の比較的低値でエントリーしたことになります。調整レンジに巻き込まれたとしても、心理的負担はかなり小さいものになります。

しかし、直近高値越えでのエントリーはどうやったところで、

「レンジ最高値付近の高値掴み」

となってしまいます。つまり、レンジを形成している間はずっと含み損のまんま。

(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

しかも、直近高値越えで買ってしまうと、反転ポイントで買ったのに比べて、損切り幅は遥かに大きなものになってしまいます。

(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

実際にトレードをしている方なら身に染みて感じていると思いますが、長い期間含み損を抱え続けるというのは、辛いですし、メンタル的に負担が続けば冷静な判断力も失われがちになり、良いことなんてありません。

しかも、デイトレというのは「その日のうちに決済」が基本ルールですから、それに沿って決済すれば、その多くは損切りとなります。

先ほどの1時間足チャートで確認しただけでも、その日のうちに決済していたら、数多くの損切りをしてしまう結果となることは、一目瞭然です。

エントリーポイント1と2の具体的な長所短所に関しては、「エントリーのタイミングをどう考えるか?トレンドフォロー編」でお話しているので割愛しますが、

現実のトレードにおいては、エントリーポイント1でエントリーする方がデメリットが大きく、エントリーポイント2でエントリーする方がメリットを享受できることが多くなることになるというのが、僕の見解です。

ということで、BOZ流としてはエントリーポイント2である反転ポイントをエントリーポイントとして用いることを推奨しています。

ですから、このエントリーポイント2でエントリーしつつ、調整レンジに巻き込まれることを想定した対応策を講じておく必要があります。


ただし、BOZ流においても、エントリーポイント1でエントリーしてもOKな場合があります。それは、

  • 既に調整レンジが形成されているのが明らかになっている場合、そのレンジをブレイクしたらロールリバーサルで入る場合
  • 建玉操作による増玉する場合

の2点だけです。前者はこのブログ読者の方なら、何を言ってるか分かると思います。後者に関しては、後ほど解説します。


エントリー後の動向を観察する

反転ポイントでエントリーする場合、先ほどもお話した通り、

エントリーしたポイントが、本当に谷越え山越えとなってトレンド再開(調整1波のV字回復)するかは、分からないわけです。

上図の様に、エントリー直後、そのポイントがダマシとなって更に下落することも考えられます。

なので、エントリーした後は、きちんと直近高値低値を更新するかを確認し、出来ない様なら、逃げる。つまり、

  • 反転上昇狙いから反発狙いに切り替えて、決済する
  • 薄利決済や建値決済で一旦逃げて仕切り直す

という判断が必要になります。

きちんと反転確認をしてからエントリーした場合、少なくともしばらくの間はエントリー方向に進むことが多いですから、トレンドが再開せずとも数十pipsの利確できるケースも結構多いです。スキャルよりの決済に変更するという柔軟な対応をすることで、利益を確保します。

もしくは、STOP位置を建値付近に置くことで、薄利決済や建値決済に持ち込み、傷を負わずに逃げることも十分可能です。

裁量トレーダーというのは、スポーツと同じで、どの様なボールが飛んできても決まりきった対応をするんじゃなくて、その時の状況によって対応を変えられる判断力や技術を持つことが大切ですし、それがトレーダーとしての実力となります。

なので、エントリーした後の動向に注意を払うことは忘れないようにしておいてください。

建玉操作

心理的負担を減らすために、分割決済の話をする人は結構いますが、建玉操作の話をする人は、意外に多くはいない様な気がします。

地味なエントリー方法なんですが、大切な事なのでお話しますね。

建玉操作というのは、要するにエントリーを計画的に分割して行なうことを言います。

ちょっと、先ほどの図を使って解説しますね。

既にお話した通り、上昇トレンド中に押し目を拾おうとすると、上図の様なポイントでエントリーをしてしまい、調整レンジに巻き込まれてしまいがちです。

しかし、この記事をここまで読んだ人は既にお分かりの通り、調整には

  • 1波で調整が終わってV字回復するもの
  • 複数の波で構成される調整レンジ

の2種類があると、エントリーする前から「予め分かっている」はずです。

であれば、予め調整がV字回復しないことも想定してエントリーした方が、お利口さんじゃないですか?

で、そんなお利口さんが行なうのが、建玉操作なんです。

上昇トレンド中の押し目を拾うんであれば、一発必中を狙ってエントリーするんじゃなくて、複数に小分けしながらエントリーしていくんですよ。

じゃあ、その建玉操作って、具体的には?

とお話するその前に、大前提として説明しておくことがいくつかあります。

上図②のポイントが押し目の谷越えだと思ってエントリーしたのに、下落してしまった場合、損切りの位置はどうするかというと、

  • Aの位置が谷底となると仮定してエントリーしたので、その根拠が失われるため、Aを下回ったところをSTOP位置として損切りする
  • 確定しているトレンドで言えば、直近低値はBの位置であるため、ダウ理論上のトレンドの継続が否定されたBを下回ったところをSTOP位置として損切りする

の2つが考えられます。

どちらが正しいのか?と言うと、それはケースバイケースで、

「損切り幅を抑えたいし、自分の性格を考えると、何度仕切り直してもOKだからAを下回ったところにSTOPを置きたい」

と考えるなら、エントリーの精度にもよりますが、それでトータルで勝てるならOKです。

しかし、「正統性」という意味で言うならば、ダウ理論上トレンドを否定されることになる、後者Bを下回ったところが、正しいSTOP位置となります。

で、建玉操作を行なう場合は、必ずそのダウ理論上の損切り位置Bを下回ったポイントをSTOP位置とします。

で、その前提を理解したうえで、建玉操作を行なう必要があるんですが、

もう1つ、分割してエントリーする場合の解説として、

  • 最初にエントリーする行為またはそのポジションを「試し玉」
  • 試し玉を打った後、想定内で価格が推移している場合に追加でエントリーしていく行為またはそのポジションを「増し玉」

と言うことを覚えてください。

で、分割してエントリーする場合、

  • 何回に分けてエントリーするか
  • 試し玉と増し玉の比重はどの程度にするか

ということは、予めルール付けしておく必要があります。

詳しい内容は話がそれるので割愛しますが、単純に僕は

「3分割」

するのが、やりやすいと思います。実際、僕が建玉操作を用いながらトレードする場合は、3分割でやることが多いです。

なので、ここからの解説では、3分割でエントリーするとして解説しますね。

では、次の画像を見てみましょう。

まず、エントリーポイント2で、試し玉を打って様子を見ます。

で、その後順調にV字回復したら、エントリーポイント1で、増し玉します。

しかし、この高値越えが先に説明した様に「ダマシ」となることが多いです。

なので、この高値越えがダマシしとして再度下降しないことを確認して、更に増し玉を打ちます。

もちろん、試し玉を打った後、思惑通りに価格が進まなければ、増し玉はしません。

仮に、予め想定してあるSTOPの位置に価格がきたら、そのまま試し玉を切ります。しかし、通常ロットでの3分の1の損失ですむわけです。

こうやって、調整レンジに巻き込まれた場合のリスク分散をさせるんですよ。

また、直近高値越えであるエントリーポイント1をまとめて1回で買うよりも平均購入価格は低くなるため、損失幅は減るだけでなく、逆に利益幅は大きくなるんですね。

で、今のはめでたくV字回復した場合の具体例でしたが、じゃあ、調整レンジに巻き込まれた場合はどうするかというと・・・

まず、上図赤い丸ポイントで試し玉を打ちますが、V字回復しない場合は、次のオレンジのポイントで増し玉します。

(勘違いしている人多いんですが、このやり方は「やってはいけないナンピン」ではなく、計画的ナンピンの方です。破滅的に資金を溶かす「やってはいけないナンピン」とは真逆で、計画的ナンピンとはむしろリスクを分散させることで資金管理を行なう建玉操作なんですよ。興味のある方は、「建玉操作としてのナンピンについて」をご覧ください)

で、更に下がってきた場合は、2回目のオレンジのポイントで増し玉をするんですが、ただし、

「あ、調整レンジだ。このレンジ、規則性あるわ。上昇継続を示唆する上昇フラッグだな」

といった具合に、調整レンジのパターンを判別できた場合にのみ、3回目の建玉をします。ルールは3分割なので。

もし判別が難しい様であれば、増し玉せずに、「分かる」ところに来るまで待ちます。

で、調整レンジをブレイクする直前で、その調整レンジのパターンが分かったのであれば、上図青い丸のポイントで、3回目の建玉を行ないます。

もし、調整レンジのパターンが分からない場合は、直近高値をブレイクするまで待ち、ブレイク後に3回目の建玉を行ないます。

以上が、3分割による建玉操作の基本的な考え方です。

ちなみにですが、既に調整レンジの低値で3回建玉を行なっている場合、青丸のポイントで指をくわえて見送るかどうかは、各トレーダーの資金管理上の余力に寄ります。

もし、上図青丸のポイントで、上昇トレンドの再開に確信が持て、資金に余力がまだあるなら・・・

僕なら、一気にここで玉を乗せていきますよ。

リスクを分散させることで保守的に振る舞いつつも、勝ちにいけるときは全力で獲りにいくのが、むしろトレーダーとしての本懐です。

まぁ、細かい建玉操作の仕方は、皆さんの技術と性格、資金管理、またチャートに貼り付いていられる時間等によって、一概には言えないころがありますので、その辺は各自が検証をしてもらうことになりますが・・・

この様に、建玉操作をすることで、思惑通りにいかない局面でのリスク分散をすることが可能となり、またメンタルの負荷軽減にも繋がっていきます。

もちろん、「分からない局面」で入ってはいけませんが、入った後に難しい局面に遭遇してしまった場合、そこを乗り切る知恵や技術を持つことは、トレーダーとしての大切な仕事の1つです。

何かと派手なエントリーに目が行きがちですが、この様な小技の積み重ねが、僕らトレーダーの大切な資金を守る術となることは、忘れないでください。

最初の調整波の値動きで判断する

さて、ここまで調整レンジに対する対応策をいくつかお話してきました。

が、そもそも上昇トレンド中に下降を始めたり、下降トレンド中に上昇を始めたりと、調整波の1波目が形成された時点で、

  • その調整波が1波だけで調整を終えて、その後V字回復するのか?
  • それともその調整波は、調整レンジを形成するための最初の1波なのか?

が判別できれば、エントリーに頭を悩ませる必要はありません。

調整の第1波を見た時点で、その判別できる技術があれば良いわけですよ。

うん、理屈は簡単。

でも、それを判別できる人って、一体どれくらいいるんでしょ?

う~ん・・・現実的には、ほとんどいないんじゃないかなぁ?

もちろん、判別できる技術を持っていても、それを公にはせず、独りで淡々とトレードしている人も、中にはいると思いますけどね。

しかし、これだけ情報が溢れかえっている中、またトレード方法を教えたり売ったりしている人も溢れかえっている中、この判別方法を見かけた人っています?

実際、トレンド・フォローでやられてしまう多くのパターンって、この調整レンジに巻き込まれてしまうケースが、実際にトレードをしているなら多いことが分かってるはずですが、

ほとんどそれに対する見解って、見当たらないですよね。

ってことは、実際に判別できる人って、やっぱりほんと極一握りであって、公開せずに独りで淡々とトレードしてるんだと思うんですよねぇ。

まぁ、実際問題、このトレード界隈って似非トレーダーばっかりですから、迂闊に誰かに頼ってしまうと足をすくわれます。

なので、これに対する判別方法は、きっぱりと諦めて先の対応策をとって頑張るか、自分一人で検証を続ける道を選ぶしかないと思います。

 

・・・とまぁ、ここまで書いて、正直悩むんですよねぇ。

エントリーポイントの狙い方(3)」を最後まで読んだ方なら、ピンと来たと思いますが、

僕には僕なりの波動論というのがあって、一旦それを解説しようと思ったこともあったんですが、結果的に公にすることは止めにしたんですね。

というのも、理屈は単純なものなんですが、実際に扱うのが難しいんですよ。単に知ったかぶりを増やすか、自分ではできもしないのに、勝手に商材にして売ろうなんて思う輩もいるでしょうし。

しかも、僕自身が自分の波動論の全体を、きっと説明しきれない。

ということで、公開する気はいまのところなかったんですが・・・

この波動論の考え方を、「初歩の初歩」として、トレンドからレンジに移行する局面だけに絞って解説する程度なら、

僕自身も説明できるだろうし、扱いもそれほど難しくはないんじゃないかな?

とも思うんですよ。

実は間接的にその内容は、既にこのブログでも何度か登場していますし。

ということで、これについての解説は、一旦保留します。

次回、エントリーポイントの狙い方の続編をアップするか、BOZ波動論的なタイトルで記事がアップされたら、

「トレンド中の調整第1波で、レンジ(調整レンジも含む)に移行するかどうかの判断の仕方」

を解説すると思ってください。

もし、しないのであれば、このシリーズは「レンジ取引」でのエントリー・ポイントの狙い方解説の内容に移行していくと思います。

 

ということで、今回はこの辺でおしまいにします。調整レンジの渦に溺れてしまわない様に、頑張って検証と練習を繰り返してください。

それじゃあ、また。