トレーダー、そして僕らは矛盾に突き当たる

FXに限らず、株、商品先物等々、トレードを始める理由は、至って単純です。

「取引差益で利益を得たい」つまり、

「儲けたい!」

というのが、理由です。

そして、儲けるためにトレードを始め、金儲けの亡者となった僕らは、相場でコテンパンにやられます。

最初は、ビギナーズラックもあるかもしれません。しかし、そのあとは儲けるどころか、損するばっかり。酷いと破産しちゃったりね。

世の中、簡単に金儲けできるなんて話、あるわけないんですね。

ただ、それでもトレードで勝てるようになりたい!と強い意思のある人たちは、色々と悩み、試行錯誤を重ねながら棘の道を突き進むわけなんですが、そんな人たちの中には、ある事実に気づく人が現れます。

「お金を先に立たせちゃダメ。お金は、後からついてくるもの」

これは、真理かもしれません。

プロ野球選手になってお金持ちになろう!と思っても、お金儲けなんてできません。まずは、金儲けのことは忘れて、野球選手として一流になることを目指さないと。

お笑い芸人になってお金を儲けよう!と思っても、お金儲けなんてできません。まずは、金儲けのことは忘れて、お笑い芸人として一流になることを目指さないと。

起業してお金持ちになろう!と思っても、お金儲けなんてできません。まずは、金儲けのことは後回しにして、良い商品、良いサービスを築き上げ、効率化された生産性や健全な財務内容を確保し、優良な企業に育て上げることを目指さないと。

目先の金儲けに走っても、その道の一流にはなれないんですよ。もちろん、一流になれなければ、お金儲けもできません。

〇〇で、金持ちになるためには、まずは金儲けのことは後回しにして、その〇〇で一流にならなければならないわけです。で、実力を手にして初めてお金が後からついてくるわけです。

こんなの、当たり前のことですよね。言われたらほとんどの人が、「そうそう」ってうなずくはずです。

しかし、トレーダーを目指す人のほとんどが、この事実に目がいかない。つか、いくはずがない。

だって、タレントしかり起業家しかり、野球選手しかり。その他のもろもろの職業を目指す人のほとんどは、まずはその職業に憧れがあって、そこを目指すわけです。お金儲けがもともと先に立ってるわけじゃないんですね。

ところがトレードをはじめる人の目的は、トレードという仕事そのものではなく、

ズバリ金儲け!

を目的として始めるわけで。つまり、トレードよりも金儲けの方が先に立っちゃってるわけですよ。

そもそもトレードを「仕事」と捉えられる人自体、少ないんじゃないかな?だって、「仕事を辞めて、専業トレーダーになりたい!」って思う人の方が多いだろうから。

だから、僕らトレーダーは、ここで最も大きな矛盾に突き当たります。

金儲けのためにはじめたのに、金儲けのことは後回しにしなくちゃならない、という矛盾に。

つまり、

きちんとしたトレーダーになるためには、まずはトレードに磨きをかけるべきで、金儲けのことは後回しにしましょう!

ってことなんですね。

そう、僕らはトレードを始めた理由を否定されるところから、トレーダーとしての本当の道程が始まるんです。

トレーダーを目指す。そして僕らは矛盾に突き当たる。だから、金儲けのことは忘れて、トレーダーとしての技能に磨きをかける。そして、その矛盾という壁を乗り越える。

それが、僕らのトレーダーとしての正しい道程です。

これを読んだ数少ない方々、お互いに切磋琢磨出来たら良いですね。それじゃあ、また。

追伸:ま、偉そうに言ってますが、なんでこんなことを書いたかっていうと、僕自身、未だにそんなポカをたまにやらかすからなんです。戒めのために書いときました、てへぺろりんちょ。

(この記事は、2017年10月10日に以前のブログで公開していたものです)