BOZ流!ライントレードの基礎(リターンズ)

一応、ライントレードの基礎シリーズは一旦お休み、ということだったんですが・・・

ライントレードにおいて基本的な、というか物凄く大切なことを書いてなかったことを思い出したんですね。

で、それを話しておかなくちゃこのシリーズは一旦休止できないなと思い、やや慌てる感じで戻ってまいりました。

ということで、早速ですが、始まり始まり~!

ラインを引く意味

誰が見ているのか?

そもそも、なぜトレードするのにラインを引くのか?

という問いかけに対し、既にこの基礎シリーズではお話しています。

ラインを引く理由、それは市場参加者の大多数が注目しているポイント(値)を見つけ出すこと。

市場参加者の多くは、どのポイントに注目しているだろう?つまり、どの価格帯で、大量の資金が流れ込み、敗者は撤退し、勝者は利確をするんだろう?

ということをラインを引くことで視覚化していこうというのが、ライン・トレードの姿勢です。

ですから、ごく少数の特異な人しか引かないラインを見つけることや、自分しか知らない秘密のポイントを見つけることが、ライン引きの目的じゃないんですね。

まぁ、言われてみれば当たり前のことでしょうが、実際にチャートに向かってラインを引いていくと、気が付けば相場の謎を解明しようと躍起になってしまっていたりします。

そして、本題から外れていく・・・

そうなりがちなので、ラインを引く際は、きちんと目的意識をもってそこから外れない様に心がける必要があります。

規則性を見つけよう

BOZ流ライントレードにおける環境認識とは、相場の秩序・規則性を見出すというものでした。

規則性がなく、不規則にただ漂う価格であれば、僕らはトレードできません。いや、することはできますが、その方向性に優位性を見出すことは出来ません。

規則性があるからこそ、僕らはトレードが可能となるわけです。

ですから、取引のバックボーン(環境認識)だけではなく、実際の取引のタイミングを模索するためのライン引き(現状認識)においても、規則性を見出す必要があります。

今回は、ここに少し焦点を当てながら、お話を展開させていきたいと思いますが、チャートと向き合う際には必ず、

  • 多数が注目する値を見出すこと
  • 規則性を見出すこと

の2点を念頭に置きながら、ラインを引くようにしてください。

いつの間にか複雑に

クシにおける補足

前回の「ライントレードの基礎7β」でお話したクシですが、図で確認すると、こんなでしたね。

クシとは、トレンドに対して反対側に進む調整波をサポート(レジスタンス)する斜めラインのことでした。

で、上図における下降トレンド中には、同じ角度のクシが引け、ここを割り込むとトレンドが再開しています。

で、前回お話し忘れていたことが2点。

まず、BOZ流において水平線やトレンドラインは1時間足以上で引くというのがルールでしたが、

クシはパターンラインと同じで分足に引いてもOKです。

なぜなら、クシは実際のトレードでタイミングをとるのに活用するためのラインだからです。

BOZ流は、1時間足が基本となる時間軸で、タイミングをとる際に分足を活用するんでしたよね。

なので、クシはパターンラインと同じで分足に引いてもOKです。

そしてもう1点。

それは、トレンド中に発生する複数のクシは、いつも同じ角度に引けるわけではないということです。

(まぁ、同じ角度で引こうと思えば引けなくもないですが、そうすると本来の調整波としての意味合いから外れてしまいますので、それを僕は「クシ」としての位置づけにはしていません)

そして、クシが常に平行に引けなければいけない必要性も、ありません。

クシとは調整波を支える斜めラインなわけです。なので、単にクシをブレイクすれば、トレンドは再開するんですよ(もちろん、確率論として)。

しかし、このクシが「同じ角度に引ける」という規則性が現在の相場にあるのであれば、さらに使い勝手が良くなります。

前回は、その実例をお話したと思います。まだ見ぬ未来の価格の動向を予め想定し、クシを引いて待ち構えることによって、計画性のあるトレードが可能になるわけです。(詳しくは、前回の記事をご覧ください)

規則性を見出すというのは、トレードを行なううえで、とっても便利なんですね。

いつの間にか複雑に

で、クシの様なラインは割と扱いやすくて結構役に立つんで、この手のライン引きに慣れていくと、実際のトレードをで多用していくことになります。

しかし、それを繰り返していくと、いつの間にかこんな感じになるかと。

相場を把握しようと夢中になればなるほど、どんどん狭い感覚でクシが並んでいき、チャートがゴチャゴチャとしてきます。

なぜ複雑になっていくかというと、理由は2つ。

  • 実際にこのクシがラインとして機能しているから
  • 目先のことに集中してしまうから

ということになるでしょうか。

上図は4時間チャートなので分かりづらいかもしれませんが、1時間足チャートなどに落として実際にトレードしていくと、この斜めラインは結構効いているんですね。

おまけに、この斜めラインは相場の規則性を体現しているので、等間隔に引けることが多い。

なのでラインを1本追加し、さらに1本追加し・・・と、目先の値動きを追いながらトレードしていると、いつの間にラインが狭い感覚でどんどん増えていくわけです。

もちろん、これでトレードを繰り返すことも可能です。しかし、判断の仕方や扱いは今まで比べて難しくなります。

つまり、それって上級者のやることです。

ライントレードの基礎を学んでいる真っ最中の人が、こういったことをやっていくと、むしろ相場がどんどん分からなくなっていきます。

相場の流れを捉えようとすればするほど、実はその局面を把握することが難しくなっていくんですね。

そして、

「どうやったら、今の流れが把握できるんだろう?」
「何処と何処をどう結んだら、機能するラインが引けるんだろうか?」
「こう引いたら、ラインが効いてるんじゃ?」

などと考えながら、色んなラインを引いてみたりします。

例えばこんな感じかな。

別にこういったことが悪いわけじゃありません。

色んなラインを引いていって、検証していく分には構わないんですよ。検証していって、自分なりのライントレードのスタイルを築いていくのは、大切なことです。

でも、今この場合は、そうではないですよね?

様々なラインを検証する目的ではなく、チャートを分析してトレードするつもりでラインを引いてたんですよね。

であれば、本末転倒。

機能するかどうか知りもしないラインを引いて、一体何をしようというのでしょうか?

冒頭でお話したラインを引く目的を、完全に見失ってますよね。

じゃあ、どうすれば良いかというと・・・

基本に立ち返ろう

複雑化してしまう自分に気づこう

チャート分析を続けていくと、気が付けば上記の様にラインが増え、また別のラインも足し、それでも分からないので様々なインジケーターを表示して、現在の相場を解明しようとしてしまいがちです。

つまり、頑張って分析すればするほど、僕らはモノゴトを複雑に捉えようとしてしまうんですね。

しかし、複雑な状況を上手く渡り歩けるのは、上級者だけ。

いや、上級者だって複雑な道のりは安易には歩けないはずです。

そうであれば、初心者や初級者にとっては尚更のことです。複雑難解な世界に入り込んでしまえば、負けを繰り返し続け、結局は退場してしまうことになります。

なので、大切なのは自分自身を客観視すること。一生懸命になり過ぎて、チャートを複雑化してしまっている自分自身に気づき、本来のラインを引く目的から目をそらさないことが大切なんですね。

本来の意味を思い出そう

ちょっと先ほどのクシを並べ過ぎたチャート画像を、もう1度見てもらいましょうか。

クシがゴチャゴチャっと並んだ局面ありますよね。これの一番上のクシをブレイクした後の価格は、一番下の水平線にタッチした後に反転上昇し、ジリ上がりしています。

つまり、これってレンジ相場です。

ここで下降トレンドは終了するのかもしれませんし、調整局面のレンジ相場を終えると再び下落するかもしれません。もちろん、未来のことは誰にも分かりません。

しかし、少なくとも言えることは、ここで下降トレンドは一旦休止ということです。

じゃあ、クシの役割は?

クシとは、トレンドの調整波を捉えるためのものでした。レンジ相場の上昇波に引くラインではありません。

ですから、この斜めラインが機能していようがしてなかろうが、「クシ」としての役割は一旦終了ということになります。

つまり、この局面はクシを引き続ける必要がない場面、ということですね。


もちろん、調整波ではない上昇波や下降波にラインを引いてはダメということではありません。

クシというのは、あくまでトレンド中の調整波に引いて活用するもので、そうでない局面での上昇波や下降波に引く斜めラインとは意味合いや活用の仕方が異なります。

そういった意味で、「クシを引き続ける必要がない場面」と言っています。

上述した様に、この斜めラインは機能していますので、これでトレードできる人は、引いてトレードしても構いません。


まずはリセット

では、チャートが複雑化してしまった時は、どうするか?

答えは簡単です。

まずは、チャートをその局面だけでよいので、出来るだけ真っ新な状態にします。つまり、ゴチャゴチャ引いてしまったラインを、思い切って消しちゃうんですね。

リセットするつもりで、ね。

とりあえず、環境認識に使うライン以外は外してしまいましょうか。すると、こんな感じになります。

等間隔に引いた水平線と日足チャネルのラインだけ残しました。

では、今現在の局面をもう1度見直していくことにしましょう。

振り出しから見直そう

さて、リセットしたところで、もう1度気分を新たに相場を見直します。見る場所はもちろん、下図の赤丸部分です。

これを見ると分かる通り、価格は日足チャネルの下限ラインに到達すると、そこで揉み合っている状態です。

大きな時間軸の重要なラインでは、売り方と買い方の攻防が交錯して激しく揉み合うので、値動きが不安定になりやすくなります。

では、もう少し値動きを細かく見ていきましょうか。

分かりやすい様に線を色分けしてみました。

まず赤丸Aの部分を見てください。赤色ラインと青色ラインが交錯する部分で、揉み合った後に反転上昇。上の黒ラインまで到達すると再度下落します。

その後、赤色ラインと青色ラインの間で揉み合った後に下に抜け、緑色ラインまで到達(緑丸B)すると反転上昇。

しかしその後は、赤色ラインと青色ラインを交差する様にして何度も揉み合っています。

この時、赤色ラインと青色ラインは確かに「効いている」と言えます。

しかし、赤丸や青丸を見れば分かる通り、価格は各ラインをまたぐ形で揉み合っているわけですから、実際のトレードにおいては、このラインをそのまま活用しようとすると、

「一体どこで抜けた反転したを判断したらよいんだろう?」

となってしまいます。判断しづらいんですね。

なので、ラインをまたいで揉み合っていることが常態化している場合は、トレードしやすい様に、その揉み合っている高値や安値にラインを引いて、トレードしやすくします。

するとこんな感じですかね。見やすくなる様に、先ほど色分けしたラインの色はもとに戻してあります。

上図の通り、複雑に動いていた様に見えたこの局面は、実は単に平行する水平線の間を上下している値動きに過ぎないことが分かると思います。レクタングル・フォーメーションですね。

でも、ちょっと待ってください。よく見れば、このレクタングル・フォーメーションを形成しているかに思える局面は、高値安値を切り上げている様に見えます。

であれば、水平線ではなく斜めラインが引けそうですよね。チャネルを想定してラインが引けそう。

しかし、その場合に考えられるチャネル・ラインは2つです。

1つは、Bを基点に引いた緑色の斜めラインです。チャネル展開することを想定して上にも1つラインを引いています。

もう1つは、元の鞘ですが、今まで引いていたクシと同じ角度の斜めラインです。

Bよりも1つ上の安値、さらにもう1つ上の安値を基点とすると、今までのクシと同じ角度でラインを引くことができますね。これを基準としてチャネル展開を想定することができます。

(赤色のラインが3本引いていますが、規則性を表すために敢えて引いています。一番上の垢ラインは、実際には特に引かなくてもOKです)

ラインという名の道具

どれが正しい?

さて、一旦リセットしてから改めてチャートを見直してみました。

しかし、見直してみると・・・

  • レクタングル・フォーメーション
  • チャネル

の2つの違った展開が考えられます。しかも、チャネルを想定しても、そこには2種類の違うチャネルが考えられます。

一体、どの見方が正しいのでしょうか?

さて、それでは恒例のシンキング・タ~イム!!

 

・・・

・・・

・・・

 

「BOZ流は水平線に優先順位を置くから、レクタングル・フォーメーションを想定すべきなんじゃ?」

まぁ、確かに水平線が基軸です。が、この局面では、その選択が正しいのでしょうか?

再び、シンキング・タ~イム!!

 

・・・

・・・

・・・

 

「今までの一連の規則性に沿った方が良いから、チャネルを想定した方が正解なんじゃ?」

おぉ!考えましたねぇ。でも、本当にその判断は正しいのでしょうか?

 

・・・

・・・

・・・

 

答え、言いますね。

その答えは・・・

 

 

どっちでも良い

 

 

です。もっと言えば、

 

好きにやったら、良いさ

 

ということになります。

すみません、ひっかけ問題みたいな質問して。でも冗談ではなく、ホントどっちでも良いんですよ。どちらを選択しても、正解です。

ラインはトレードするための道具

ラインは、相場の真実を暴き出すためのものでも、相場の真理を導き出すものでもありません。

う~ん・・・ちょっと言い過ぎかな。

僕自身、ラインを引いていて、その深遠さに驚くことも多々ありますし、ラインとは相場の真理や摂理の一端を導き出すための重要なツールである側面は確かにあると思います。

でも、端的に言ってしまえば、

ラインとは、ライン引きの職人がトレードをするために使う道具でしかない

というのが、僕の考えです。

「このケースの場合は、この道具を用いた方が良い」

という使い分けは確かに存在します。

ゴルファーがパターを使い分けたり、彫刻師が彫刻刀を使い分ける際には、その局面において向いている道具を選びます。

ただ、それがセオリーだからといって、自分が扱いきれない道具を使ってモノゴトを成し遂げようとするのも、本末転倒です。

彫刻師は、セオリー以前に、その部分を表現するのに自分が最も上手く扱える彫刻刀を選ぶのではないでしょうか。自分が上手く扱えない彫刻刀で掘ってみても、素晴らしい彫刻は出来上がりませんからね。

トレードもそれと同じです。

ラインは、チャート分析をしてトレードの判断に用いるための道具ですが、何を使うのが正しいのかは、自分がきちんと扱えるものを選択するのが最適解です。

ですから、斜め線であろうが水平線であろうが、パターンラインであろうがチャネルラインであろうが、自分がトレードをするにおいて扱いやすい方を選べば良いんです。

上手く扱えるものを選び、上手く扱えないのなら使わない方が良い。それは、道具を使ってモノゴトを成し遂げようとする職人であれば、当然の判断です。

さらに言ってしまえば、

チャート分析において、どの道具(ライン)を使うかというのは、

どの視点からチャートを分析するのか?
どういったアプローチでチャートを観察するのか?

ということでしかありません。

トレーダーは自分なりのアプローチで、相場を正しく解釈する方法を身に着け、それによってチャートから相場の動きを浮き彫りにしていけば良いんですよ。

それぞれのアプローチが正しい方法で行われているのであれば、どのアプローチを用いたとしても、正しく機能します。

「えぇっ!マジっすか!?」

マジっすよ。

ということで、今回のチャート判断において、レクタングル・フォーメーションを選ぶべきかチャネル・ラインを選ぶべきかは、たいした問題ではありません。

自分が扱いやすい方を選ぶべきなんです。

(もちろん、両方を上手く使いこなせるんであれば、それはそれで構いません。僕自身、今回のこの局面では両方を利用していますし)

それではこれから、レクタングル・フォーメーションとチャネル・ラインを用いた場合でのトレードを個別に解説してくことにしましょうか。

どちらも、使える道具ですよ。


予定としてはこの記事は、相場がお休みの週末にアップしたかったんですが、体調を崩してしまい、今日にずれ込んでしまいました。

本当は、相場が動き出す前に解説をして、「さて、ではこれからどう動くんですかねぇ?楽しみですね」として終わった方が面白いかなと思ってたんですが、週も明けてしまい、もう結果はある程度出てしまっています。

タイミングを逃してしまったので後付け解説感は否めないですが、まぁその辺はご愛嬌ということでご覧ください。


レクタングル・フォーメーションの場合

レクタングル・フォーメーションを利用してトレードする場合は、至ってシンプルです。

このボックスを上抜けしたら買い、下抜けしたら売り。このボックス内に収まって上下にレンジを形成し続けるのであれば、レジスタンスを反転したら売り、サポートで反転上昇するなら買い。

考え方と方針は、至ってシンプルですね。

そこに、未来予測はありません。価格が向かう方向についていくだけです。

では、結果を見ていきましょうか。

これ、4時間足チャートなんで、もう少し詳しく見るために1時間足チャートで見てみましょう。

ちょとトリガーまで解説するのは難儀なので、値動きだけで解説しますね。(手抜きとか言わない様に)

一昨日(7月1日)の月曜日朝は、窓開けのレンジブレイクという状態で始まりました。この後、一気に価格は上昇するわけですが、1時間足レベルの水平線(オレンジ色)に阻まれてAの地点で反転下落します。

Aではタイミングをとるのが難しいかもしれませんが、絶好の売り場と考えられます。

(ただ、この早朝の段階で、どの程度の人がトレードするかは分かりませんけどね。スプレッドは広いし、商い薄のため価格が不安定になる可能性も否めませんから。まぁ、見送るというよりチャート見ていない人の方が多いでしょうね。僕も見てませんし)

その後、窓埋めセオリー通りに窓を埋める形でボックス内に価格は戻ってきます。窓埋め狙いなら売りエントリーもありですが、この辺りは売り買いの攻防が繰り返される場面でもあるので、見送った方が安全です。

もし窓埋めセオリーで売りエントリーしているなら、窓を埋めたら速攻逃げた方が良い場面です。

で、ボックス内に戻ってきた価格はBでラインに阻まれて反転上昇し、ボックス上限のレジスタンス付近でCの様に揉み合います。

丸半日以上揉み合っているので、この場合は上下どちらかに抜けたら素直に付いていって良い場面です。

結果として下に抜けました。

ただ、ここは展開が早い場面で見逃したり入り遅れるかもしれません。その場合は、リスクをとれないのであれば、価格を後追いするのは控え、指をくわえて価格が戻るのを待っていた方が安全です。そのまま下落を続けるかもしれませんが、少なくとも損はしませんからね。

しかし、今回は指をくわえていて正解だったようです。再び価格は点線ラインまで戻ってきますが届かずにDで反転下落を始めます。ここ、絶好のエントリーポイントですね。

下落した価格はボックス下限に到達します。Eを見れば分かる通り、ここは日足チャネルの下限ラインと合致する場面ですね。

大事な節目ですから、タッチすると同時に一旦利確して、抜けるか抜けないかを様子見て再エントリーを判断した方が良い場面です。深夜ですから、利確して寝ちゃうのも最善策です。

ただ今回は大きく揉み合うことなく、割と早い段階で下抜けたようです。ロウソク足の陰線の長さを見れば分かる様に、下落の強さが伺えます。

尚、今回は先週末からのチャートをもとに週明けからの展開を解説していますが、この相場つきがレクタングルのレンジだと早めに気づいているのであれば、ブレイク前にレンジ内取引を繰り返すことが十分できたはずですね。

ということで、今回のこの局面、レクタングル・フォーメーションを利用してトレードするのは正解だったということが、分かったかと思います。

では次に、チャネルを利用したトレード解説に移るとしましょうか。

チャネル・ラインの場合

チャネル・ラインを引いてトレードする場合、2種類のラインが考えられるとお話しましたね。

この段階では、どちらが機能するかが分からないので、2つとも引いたままにしておきます。

この後の値動きの展開で、どちらのチャネルが機能しているか判断し、それに合わせてトレードすることになります。

ただ、ここで1つ補足を。

これはライントレードというよりは、波形分析になるんですが・・・

ちょっと、この場面を思い出してもらいたいんですよ。

前回、クシを説明した際に用いた画像ですが、

レンジ中の上昇波には一定の角度がありました(青色斜めライン)が、この上昇波の角度が緑色で囲った部分で緩やかになり(つまり上昇波が弱まった)、その直後にレンジをブレイクして下降トレンドが始まっています。

これ、「波形が崩れた・・・」って言うんでしたよね。

じゃあ、もう一度、先ほどのチャート図を見てみましょうか。

気づきました?気づきましたね。

赤い斜めラインは、今までの下降トレンドにおける調整波(上昇波)の規則性を表しています。

しかし、緑色の斜めラインは、今までの赤い斜めラインよりも角度が緩やかになっています。

ということは、もしこの後に、価格が赤色ではなく、緑色のチャネルに沿って動くとすれば、

上昇波の強さが弱まっている

と判断できるはずです。

つまり、緑色のチャネルに沿って動いていることが確定した後は、価格は下落傾向を強める可能性が濃厚になってくる、ということです。

おぉ!なんか、ワクワクしてきましたねぇ。本当はこれこそが、今週の相場が始まる前にお話したかったことだったんですが・・・

まぁ、グダグダ言っても仕方ないので、結果を見てみましょうか。

 

Aの部分を見てもらえば分かる通り、緑色のチャネルラインにタッチした後に反転下落しています。

緑のチャネルが機能したということになりますね。

しかも、先ほどお話した通り、緑チャネルが機能していることから上昇波が弱まっていることが判明し、この後には下落を強めてチャネルを下方ブレイクする結果となりました。

1時間足に切り替えて、少し細かく見ていきましょう。

チャネルラインの真ん中には、このラインと同じ角度のラインが引けて節目となるということは、以前お話しています。(詳しくは「価格の値動きを生み出すゾーンのお話」をご覧ください)

で、チャネルを用いてトレードするとは言え、このライントレードはBOZ流ですから、環境認識上に必要なラインは残してありますし、これを抜きにトレードはしません。

なので、それらを加味してチャートを覗いてみましょう。

まず、窓を開けて始まった相場は、そのまま上昇を続けますが、緑色のチャネル上限のラインに阻まれて(赤丸Aの部分)反転下落をします。

ここで、緑色のチャネルが上昇波動であると確定するわけです。絶好の売り場ですね。(ただ、この辺の解説は先ほどのレクタングル・フォーメーションの時にやったので省略します)

その後、価格はチャネルのミドルラインを一旦抜けますが点線の水平線に阻まれてBで揉み合った後に反転上昇。

しかし、今度はチャネルミドルラインにて、Cの様に揉み合いを続けます。この揉み合いは半日以上も続いているので、抜けた方向に素直についていけばOKです。

で、下方向に抜けますが、一旦点線ラインまで戻します。Dの場面では点線ラインに阻まれ、反転下落しますので、ここはやはり絶好の売り場となります。

おまけに赤いチャネル・ラインを想定していた人からしても、このDの場面は、ラインを下方ブレイクした後に戻ってきたものの赤いチャネル・ライン内に戻りきれなかったと判断する場面です。

こりゃあ、絶好の売り場として逃す手はありません。

しかも、緑チャネルが機能したことで上昇波動が弱まっているといことが確定しているわけですから、相対的にこの後の下落の勢いは強まっていきます。下落の強さは、見ての通りです。

価格は、あっけなくチャネル下限ラインを抜けます。

そして、日足チャネル下限まで到達。ここで一旦決済して、様子見した方が良さそうです。その後、Eの部分では日足チャネル内に価格は戻しきれずに、再度下落を始めていきました。

・・・と、チャネルを利用したトレードの解説は、駆け足ですが以上となります。

正しいアプローチ

もうご覧の方は、気づいていると思いますが・・・

レクタングル・フォーメーションで解説したポイントA~Eと、チャネル・ラインで解説したポイントA~Eは、全く一緒です。

重ねてみましょうか。

結局のところ、レクタングル・フォーメーションでトレードしようが、チャネル・ラインでトレードしようが、見ているポイントはほとんど一緒になります。

ここからも分かる様に、

どの道具を使ってトレードするのが正解なのかではなく、その道具の使い方が正しければ、どの道具を使っても正しいトレードは出来る

ということなんですよ。

どのラインが優秀だとか、どの種類のラインを使うのが正しいのかではなく、正しくラインを用いて正しいアプローチでトレードを行なうことが、大切なんですね。

そして、これこそがBOZ流ライントレードの本懐となります。

両方用いた方がより信頼性あるトレード

ちなみにですが、例のごとく、この局面における僕のトレードをご紹介します。

実際の僕のチャートでは、緑色で囲った様なボックス表示はしていません。この図のボックスの上限と下限にラインが引いてあるだけです。上図は読者が分かりやすい様にレクタングル・フォーメーションをボックス表示しています。

で、さらに追加されているラインは、

このレクタングル・フォーメーションの中央に引いたミドル・ラインです。

そして、このボックスの上限レジスタンス付近に引いた赤い太めの斜めラインです。

これを見ればお分かりの通り、レクタングル・フォーメーションやチャネル・ラインを単独で用いるより、両方を用いた方が、

大切なポイントにおいては、両者のラインは合致しやすい

ということから、より信頼性のあるトレードが出来ます。自信をもってトレードが出来るんですね。

ということで、水平線にしろ斜めラインにしろ、いくつかのラインを使いこなせるのであれば、併用して用いることをお勧めします。

もちろん、1つだけでも充分トレードは出来ますが、腕を磨いたうえで複数を同時に扱うことが出来れば、より信頼性の高いトレードが実現できるわけです。

で、僕の実際のトレードですが・・・

僕はこの赤い太めの斜めラインを引いて、昨日の夕方、ここに価格が到達するのを待ち構えてました。

で、到達後に反転を確認して上の青丸の部分で売りエントリーをします。

その後の下落を見ながら、レクタングルの中央に引いたミドル・ラインでの攻防を見て、「一旦ここから戻すかな?」ということで下の青丸部分で利確しました。やったね!

そして、もちろん戻しを形成した後の反転を捉えて、Dの辺りを過ぎたところで全力で売りをかまします。どうです?凄いでしょ?

と言いたいところなんですが、僕は利確した後に体調が悪いのにもかかわらずお酒を飲んでしまい、Dの辺りではチャートを見てるどこじゃなくなってました。

ということで、例のごとくアホなことを繰り返す日々を送っています。

「良いんだよ、負けなきゃ」

と、僕は自分で自分を慰めるのに、今日も必死です。

終わりに

タイミングの取り方

僕は、ライントレードについて、もう1つ大切なことを言い忘れていました。

それは、タイミングの取り方です。

ラインに到達したその後に、

  • そこを抜けたと判断するタイミング
  • そこから反転したしたと判断するタイミング

は、どうやって計ったら良いのでしょうか?という、問題あるある。

これに対して、僕の答えは明確です。

 

「好きにやったら、いいさ」

 

セットアップさえ整っていれば、トリガーは自由であると、

それが僕の考え方です。

事あるごとにこのブログでは言ってますが、タイミングの取り方は、各自が得意とするテクニカルで「これが自分には一番合ってる」と思うやり方でやれば良いと思っています。

ただ、1つだけ僕からお伝えしたいのは(先日、twitterでも呟きましたが)、

みんな、欲深さから初動を獲りたがるけど、それがフライングのもと

だということです。

ラインに近づいてきたら、タイミングをとる準備をします。これは徒競争で言うところの

「位置について~」

です。

そしてラインにタッチ、というよりはライン周辺を含むゾーンに侵入(ラインを突き抜けることも含む)してきたら、

「よ~い」

なんですよ。

でも、ほとんどの人がこの「よ~い」がかかったら、次の「ドーン!」を待たずに、エントリーしちゃうんです。

つまり、フライングです。

フライングしたら、そのレースは失格です。

しかし、「ドーン!」で多少出遅れたとしても、失格にはなりません。やや不利な状況かもしれませんが、ゴールまで走りきる権利は手にすることが出来るんですよ。

もちろん、スタートが明らかに遅過ぎたら、勝負にならないので走り出さないことが必須条件ですけどね。

そういった場合は、次のレースまで待ちます。

この様に、

「位置について、よ~い、ドーン!」のタイミングをきちんと体で覚え込ませること。

これが今の僕に言える、たった1つの、そして大切なタイミングの取り方です。

ライン職人として

「トレードは知識ではなく、技術である」ということも、僕は事あるごとに言っています。

ですから、トレーダーは職人気質であるべきだと、僕は思っています。

そしてライントレーダーは、ライン引きの職人として、日々腕を上げることを目指していかなければいけないと思っています。

「ここはこうやってラインを引いて、ここはこんな具合でバーっとやって、グーっと堪えて、ほらよって感じで利確するんでぃ!」

って、そんな感じで良いのかもしれません。

僕は、「トレードを教えられるようになれたら」という想いで、とりあえずこうやって言葉にしてブログを書いていますが、本来トレーダーは職人ですから、言葉にできなくたって良いんだと思うんですよ。

日ごろ積み重ねた練習と検証と経験から、腕を磨いていって、それを言葉で説明できなくとも、身体に染み込ませた感覚で的確なトレードをやる。

語るよりも腕で見せる。

それが、裁量トレーダーとしての本懐じゃないかと。

知的に振る舞ってうんちくを語るよりも、むしろそのことの方が大切なんじゃないかと、そう僕は思っています。

いつか近い未来、このブログを読んだ職人たちが、ラインという道具を用いて、チャート画面に相場本来の姿を思い思いに浮き彫りにできる様になれたら・・・

そんなことを思いながら、このライントレードの基礎シリーズは、ここで一旦幕を下ろしたいと思います。

 

あー、やっぱ今日のBOZは一際カッコ良いわ、マジで。

ということで、それじゃあ、また。

これがBOZ流!ライントレードの基礎7β

終わりのはじまり

ライントレードの基礎について、僕なりの考え方を、これまで6回に渡ってお話してきました。

ただ、僕はまだまだ甘ちゃんなので、書けば書くほど自分の中の曖昧さや抜けている部分に気づかされてしまいます。

そんなこんなで、色々と思うところがあり、ライントレードの基礎シリーズは今回の第7話で一旦終了(つか、お休み)しようかな、と。

もっと自分の中にあるもの、そしてまだないものが上手く解決し、誰かに伝えられるくらい概念化できる様になるまでね。

まぁ、夏休みの自由研究といった感じですかね。

ということで今回は、今までの総括的なところから、もう少しだけ突っ込んだお話をしていこうかと思っています。

ベータ版的な側面は否めませんが、実際のトレードに活用できる様な実践的な内容で締めくくられたら良いかな、と。

それでは、始まり始まり~!

なんてったって水平線

さて、久しぶりのライントレードの基礎シリーズなので、まずはサラッとおさらいを兼ねたところから入っていきましょうか。

水平線とは

端的に言ってしまえば、水平線とは価格そのものです。チャートは時間の流れが横軸となって左から右へと流れていきますから、価格という点がその流れに伴って線となっているだけの話です。

ただ、もう少し正確に言うならば、

水平線とは、注目される価格周辺を端的に表したもの

ということになりますかね。

特に何の捻りも加わらない、単なる水平に引けるラインなわけですが、しかしこの水平線が、BOZ流ライントレードの中核となります。

秩序を表す水平線

BOZ流ライントレードにおいて、環境認識とは、相場の秩序を見出すことでした。

そして、その代表格が水平線です。

端的に言ってしまえば、相場の中で推移する価格は、ほぼ等間隔で引ける水平線、つまり同じ値幅の価格帯の中を単に上下に移動しているだけでした。

ちょっと、チャートを見ながら簡単に復習してみますか。以下は、ポンド円の日足チャートです。

通常は、波が形成する山と谷に注目してラインを引いていきます。

しかし今回は、まず上から2番目と3番目のラインを引いた後に、山と谷は気にせずに、そのライン間の値幅と等間隔になる様なラインを上下に引いてみました。

ところが、どうでしょう。なんと、波の山と谷にほぼ合致しています。

ここからも分かる様に、価格は等間隔で結ばれる水平線(つまり同じ値幅領域)を単に移動しているだけということが分かると思います。

これが、相場における基本的な秩序です。

水平線と水平線の間の値幅領域1つを1ブロックと呼ぶとすれば、

  • 上昇トレンドとは、各ブロックをまるで階段の様に駆け上がる様子
  • 下降トレンドとは、各ブロックをまるで階段の様に駆け降りる様子
  • レンジとは1ブロック内を、または複数のブロックをまたぎながら、行ったり来た入りする様子

と見ることが出来ると思います。

NもEも必然の世界

持っているポジションをどこで決済するかを考える際に良く使われるのが、

N値・E値・V値・NT値

です。波の一辺同士が同じ値幅になるという考え方から、エグジットのタイミングを計る際に使われます。

しかしこれ、上図を見てもらえれば分かる通り、相場が等間隔で引かれる水平線の間を移動している世界であることを考えれば、N値もE値もV値もNT値も、全て必然となりますよね。

相場の秩序を把握していれば、特に迷うことはありません。

ブロックの中の中身

さて、これまでのライントレードの基礎の解説では、

週足から日足、4時間足、1時間足・・・といった具合に、時間軸を下げながら、各時間軸の波の山と谷に注目して水平線を引いていく

という手順を踏んでいました。

しかし・・・

実は、そんなことをわざわざしなくても、適切なラインは引けるんですよ。

ちょっと、もう一度この言葉の意味を考えてみてください。

「価格は、規則性をもって、等間隔に引けるラインの間を移動している」

さて、気づきましたか?

規則性を持って等間隔の値幅を移動しているんですから・・・

そう、実はわざわざ時間軸を下げながら波の山と谷を確認しなくとも、何も考えずに先の水平線と水平線の間に、再度等間隔なラインを引いていけば、適切なラインが引けるんですよ。

実際に、先ほどの日足チャートのラインとラインのちょうど真ん中に点線のラインを引いてみます。すると、こんな感じになります。

では、時間軸を落とした4時間足チャートで確認してみましょう。

機能してますね。

このことからも分かる様に、1ブロックをさらに2等分しても、機能する水平線がきちんと引けるんですね。

そして、その2分割したブロックをさらに分割していっても、適切なラインを引くことが可能です。

もちろん、分割すればするほど、ラインとしての機能は弱くなりますが。

で、もう1点付け加えるならば・・・

時に、ブロックを2分割しても機能しないラインが引けてしまうことがあります(1時間足レベルのラインが多い)。しかしその際は、ラインとラインを2等分ではなく、3等分にしてみてください。これがまた、不思議と機能するラインになるんですねぇ。

ということで、このやり方を踏襲すると、過去に戻らなくとも、未来に機能するであろうラインを引くことが可能になります。

「へー、そうなんだ!」

じゃなくて、実際に自分でチャートを開いて、きちんと確認してくださいね。そうじゃないと、自分のモノにはいつまで経ってもなりませんから。

斜めラインの難儀と妙技

斜めラインの難儀な側面

斜めラインは僕にとって、難儀に感じる側面と貴重に感じる側面とが混在しています。

今回は、その斜めラインの絶妙さを1つご紹介するつもりですが、褒めまくる前に、まずは先にディスっといてバランスをとっておきましょうかね。

BOZ流のスタイルでは扱いづらい

仕事や家事子育てなどに忙しく、チャート画面にずっと張り付いていられる環境が難しいトレーダーは沢山います。

また、取引する時間軸が大きい人の場合も、ずっとチャート画面に張り付いているのは合理的ではありません。

その様なトレードスタイルの場合、斜めラインには扱いづらい側面があります。

例えば、指値・逆指値を利用するトレーダーからすると、斜めラインは実際に注文を出す値の判断が難しくなります。

下図をご覧ください。

価格の推移の緩急の違いで、同じラインに到達するにしても、その価格は違ってきます。急落するとAの価格で到達しますが、緩やかに落ちてくるのであればBの辺りで到達することになり、Aよりも高い価格に位置することになるわけです。

このことからも分かる通り、斜めラインを基準にした場合、指値や逆指値は実際どこに置いたら良いのか迷ってしまうことになります。

指値や逆指値を利用するトレーダーにとって、斜めラインには扱いづらい側面があるんですね。

また、極めて単純な作業上の問題として、

  • マウス操作が下手なのか、思った通りの斜めラインが上手く引けない
  • チャートの時間軸を変えると、斜めラインはズレやすい
  • ラインの引き方の定義が、水平線より難しい

などもあるでしょうね。

ただ、個人的にもっと厄介なのが・・・・

概念化の難しさ

僕がこのライントレードの基礎シリーズのブログ記事を書いていて、最も難しく感じているのが、

斜めラインは、既成の概念では説明しきれない

ということです。

僕の頭の中では、従来の説明では収まりきれない性質が、斜めラインには存在するんですよ。同じ斜めに引くラインでも、それが意味するものや扱い方などには色んな特徴があって、一様ではありません。

じゃあ、それを僕自身が自分の言葉で語っていけたら・・・とは思ってはいるんですが、正直なところ、

僕自身が、斜めラインをきちんと概念化できていない

というのが現実です。

斜めラインには、その性質やら特徴を区別していくと、大体5つくらいに分けられるんじゃないかなー、と個人的には思っているんですが、その区別する境界線は曖昧で、説明もしづらいし、なんかモヤモヤとしちゃうんですね。

このライントレードの基礎シリーズにおいて、今のところ斜めラインは

  • トレンドライン
  • チャネルライン
  • パターンライン

の3つについて説明していますが、正確に言えば、トレンドラインを除く他の2つの斜めラインですら、実は定義づけが曖昧です。

なので、斜めラインを説明しようと思っても、今僕の中で確定している部分部分でしか、解説できないんですよ。

そういった理由もあって、僕自身がこのライントレードの基礎シリーズを一旦お休みしようと思っているわけです。

ということで、ここからはまだ僕がこのブログで紹介していない斜めラインの使い方を1つ、今伝えられる範囲内でお話しようと思います。

志半ばとは言え、結構ためになる解説だと思うので、しばしご清聴の程、よろしくお願いしますね。

価格と時間の推移を包括する妙技

復習のお時間です

僕は、このブログやTwitterなんかで事あるごとに、

「価格が同じ値幅を移動するという規則性に対して、その移動時間も一定であるという規則性が存在するならば、同じ角度の斜めラインを複数引くことが出来る」

ということをお話しています。

以前、こんな図を使って説明したと思います。

三角形で例えるとするならば、価格が推移した値幅(高さ)と価格が推移した時間(底辺)の比率が同じであれば、三角形の大きさがどうであろうが、斜辺の角度は等しくなります。

つまり、

価格そのものである水平線に時間推移の概念を加えたものが斜めラインの大きな特徴

であると。

なので、移動値幅と移動時間に規則性が相場にある場合、

  • 同じ角度の斜めラインが重なり、1つのラインとして機能する
  • 同じ角度の斜めラインが平行に複数引くことができる

ということが考えられます。

で、この代表格が、チャネルラインになるわけですが、今回は僕の中ではチャネルラインではない、平行する斜めラインについて、今語れる範囲内でお話していきます。

これ、実はライン分析というより、僕の波形分析に隣接する部分なので、実際のトレードにかなり活用できるんじゃないかなー、と思います。

では、お話していきましょう。

平行する斜めラインも十人十色

斜めラインの厄介なところは、引こうと思えばいくらでも引ける、ということでしょうか。例えば先の解説を踏まえて、

「平行した斜めラインが複数引けますよ」

と言われると、恐らく多くの人がこんな感じでラインを引くんじゃないでしょうか。下図は、先ほどのポンド円4時間足チャートです。

平行な斜めラインが等間隔に引けてますねぇ。他にも色んな方向で斜めラインが引けそうです。

とりあえず、上図チャートの時間軸を落として1時間足チャートを覗いてみましょうか。

ラインが効いています。特に水平線と斜めラインが出会う場面は、絶好のチャートポイントとなりそうですね。具体的な方法論を用いれば、効果的なトレードが出来そうです。

ただ、僕が今回説明するのは、こういったラインではありません。

「何だよー!回りくどいことしてないで、早く教えろよ」

そんな声が聞こえてきそうなので、次に進むとします。

吾輩は斜めラインである。名前はまだ無い。

価格が形成する波の強弱やら状況を分析することを、僕は波形分析と言っていますが、その中で斜めラインを利用することがあります。

そのラインは性質上、トレンドラインともチャネルラインとも、またパターンラインとも違っていて、名前はまだ無いという状態です。

ただここでは便宜上、書籍「実践FXトレーディング」(イゴール・トシュチャコフ著)において、良く似た斜めラインが紹介されている(触れる程度でしか解説されてないので、詳しくは良く分からないのですが)ので、それに倣って、

「クシ」

と呼ぶことにします。ひょっとしたら、この世界のどこかで誰かが既にこの斜めラインをきちんと概念化して名前を付けているかもしれませんが、僕はそれを知る由もないので。

とりあえず、その「クシ」を、ちょっとチャートで説明します。

下の図は、先ほどのポンド円4時間足チャートに、注目ポイントを書き加えたものです。

価格はネックラインにサポートされながら揉み合っていましたが、そこをブレイクすると下降トレンドを形成します。

で、ここで注目しているのは、赤い斜めラインの部分。

下落に対して戻す値動きをサポートするラインですが、今回はこれを「クシ」と呼ぶことにします。

で、この戻しの値動きですが、ここに規則性があるのであれば、他の戻しの値動きにも同じ角度のラインが引けることになります。

では、やってみましょうか。

ご覧の通り、下降トレンドに入ってからの調整波(上昇波)を支えるラインの角度は、そのほとんどが均一です。

そしてこのラインを割ることで、価格の下落が加速しています。

この様に、この下降トレンドの流れの中における上昇波には規則性があるということになりますから、このラインはチャートポイントとして、実際のトレードにおいて十分に機能するということが考えられます。

しかも、この現象は水平線の時と同じく、小さな時間軸に移して小さな波を見ていっても、同様の角度での斜めラインが引けることが多いです。各自、確認しておいてください。

(青丸で囲った部分だけ波形が崩れています。こういったことがどうして起こるのかは、話がそれるのでお話しませんし、僕も上手く答えられないので、あしからず)

では、実際にこのクシを利用したトレードを具体的に紹介しましょうかね。

下図は、僕が今このブログを書いている時点でのポンド円4時間足チャートにおいて、2日ほど前までを隠してみたものです。

チャート上に青色で斜めの下降ラインが見えると思いますが、これは日足チャネルのラインです。

価格はチャネル上限から下落してチャネル下限に到達。そこで反発上昇するわけですが、緑色ラインが示す通り、下降フラッグを形成した後、そこを割り込んで再度下落しました。

赤丸の部分を見てほしいのですが、再度価格はチャネル下限にぶつかり、少し反発して点線の水平線まで到達しました。

さて、ここから実際にこのクシを使ってどうトレードしていくのか、ということですが・・・

1時間足に切り替えてみましょう。

チャネル下限から反発した価格は、点線の水平線に頭を抑えられて越えられそうにない感じを醸し出しています。抜けきれずに、15分足や5分足などで反転確認がとれたら、売りを仕掛けたい場面ですね。

ただ、ここでちょっと待った!

仮にこの点線ラインで反転したとしても、上図赤色の矢印の様に、素直に反転下落して下値を試すとは限りません。落ちきれずにせり上がっていくケースも十分考えられます。

なぜなら、下値を支えているのは、日足レベルのチャネルラインだからです。

このラインは、結構強いんだぞ!

このチャネルライン下限で反発上昇した価格は、そのままチャネル上限に向けて大きく上昇し続ける

という選択肢を、絶対に持っておかなくちゃいけないんです。

ということで、転ばぬ先の杖。念のためにラインを引いておきましょうか。

まずは、下降フラッグを下抜けた値動きを捉えるトレンドラインをまず引いておきます。簡単ですね。

続いて、下降フラッグと同じ角度のクシを引いておきましょう。

赤線が新たに追加したクシですね。予めどの様な値動きになるかは想定できないので、念のために上下に2本引いてあります。

この範囲内で収まる値動きをしているのであれば、「今現在の(下降トレンドという)秩序は保たれている」と判断します。つまり、下落は継続すると判断するんですね。

もし、この2本のクシで想定する値動きの流れよりも強い値動きで上昇するのであれば、「従来の秩序は崩れ、本格的に反転上昇する可能性が高まったかもしれない」と判断します。

仮に点線の水平線で頭を抑えられているところから反転を上手く捉え、売りを仕掛けたとしても、下方のクシは気を付けるポイントになります。ここを越えられずに反転してせり上がる可能性があるからです。

では、この後の展開を見ていきましょう。

はい、予定調和ですね。

aを基点にして売りを仕掛けた人は、bのポイントで決済を検討する場面です。

ちなみに僕はこの日、仕事を終えてスマホを覗いたら、aから反転する局面にちょうど出くわしたんですね。なので、売りを仕掛けました。

で、その後は「もちろんbで利確!」と言いたいところなんですが・・・

僕のTwitterをご覧の方はご存知かと思いますが、僕はこの日、家に帰った後はお酒を飲みながら音楽聴いてノリノリだったので、すっかりこの局面を見逃してしまいました。ホント、いい歳したおっさんのくせに大馬鹿者です。

さて、話を戻しますが、bで下方のクシに到達して反転上昇した後は、見ての通り再び上方のクシに到達します。しかもこのcの場面は、下降フラッグ下抜けからの下降トレンドラインと交差するところです。

かなり強力。

ということで、利確のタイミングを逃したお馬鹿な僕は、ここで渾身のショートをかまします。

で、結果は・・・

今度は見事クシを下抜けて下降トレンドが再開し、次に目指すべき実線の水平線まで到達します。

その後は急反発。再度チャネル下限の上抜けを試すことになりました。

ちなみに僕は、この実線の水平線の手前135.50に指値を置いて待ち構えていたんですが、エントリーした次の日、ちょうど仕事の休憩でチャートを覗いたら、指値手前で揉み合ってたんで、成行で決済して仕事に戻りました。めでたしめでたし。

・・・とまぁ、以上が実際のチャート解説でしたが、いかがでしたでしょうか?

クシという存在は、実際のトレードに対して、目を見張るくらいに活用できるものだと思っていただけたら何よりです。

もちろん、今回は下降トレンドに対する上昇波に注目していますが、下降する波に注目しても、色々な気づきがあると思いますよ。

 

ということで、これにてこのクシの解説は終了~!!

と思ったんですが、どうせここまで解説したんで、ついでにもう1点だけ。

では、解説する前に、まずはここで質問です。

もう1度、このチャート図を見てください。

なぜ僕は、ネックラインからの戻しを支えるこの赤いラインに注目し、それを基点にし、それ以降に同じ角度のラインを引こうとしたのか、分かる人いますか?

シンキング・タ~イム!

・・・

・・・

・・・

え?ネックラインを割り込む前の調整波だから重要なんじゃないかって?

う~ん・・・まぁ、それも一考ですけど、それは後付けでチャートを見た場合だから言えるんですよね。つまり、ラインを割り込んだ後だからそう判断できるわけじゃないですか。根本はそこにはありません。

下落を開始するその前に、チャートの異変を読み取ることが大切です。

それでは再び、シンキング・タ~イム!

・・・

・・・

・・・

答え、気が付きましたか?

分からない?

じゃあ、簡単に答えを言うと・・・

レンジ相場の時の上昇波を見てください。ここに引いた青色のラインは、角度がほぼ一定で、それぞれが平行に並んでいます。

ところが、この上昇波の角度が、緑丸の部分で転換して弱まり、緩やかになっています。

他にもいくつかの理由がありますが、ザックリと言えばこのクシの角度の転換が

「あ、波形が崩れた」

ということなんですね。このケースは波形が崩れる際の1つの重要パターンなんですよ。

どうです?ちょっとは皆さんのトレードの役に立つ内容になりましたかね?

BOZ流ライントレードの終着点

なぜ、「BOZ流」なのか?

僕はこのブログにおいて、僕なりのライントレードの考え方を

「BOZ流」

としています。まぁ、BOZスタイルでもBOZ式でも、言い方は何でも良いんですけどね。

で、なぜそういった風に名付けるのかと言えば、別に僕は自己顕示欲とかそういった類で用いてるわけではないんですよ。

トレードには、色んな視点・考え方でもって、様々なスタイルがあります。

それはライントレード1つとっても、です。

ライン1本引くのにも、各ライン・トレーダーが、それぞれの考え方や理論構築の上に基づいて引いていると思うんですよ。

そして、それはきっと各トレーダーの努力の賜物。

なので、ライン・トレードを勉強しようと思って、色んなトレーダーさんの色んな方法を上っ面だけ撫でる様に良いとこ取りしようと思っても、結局は上手くはいかないと思ってるんですよ、僕は。

むしろ、そういった上っ面だけを撫でようとする行為は、それを考え抜いて構築したトレーダーに対する冒涜とも言えるんじゃないかと。

しかし、真面目にライン・トレードに取り組もうと思う人にとっては、同じライン・トレードでも色々なスタイルや理論がありますから、

良いとこ取りするつもりはないのに結果としてそうなってしまたり、
誰のどこを信じて良いか分からなくなったりと、

「結構混乱するんじゃねーの?」

と思うわけで。

そういった意味で、僕は僕なりのライントレードの考え方を「BOZ流」として枠組みすることで、これからライントレードを学んでいこうとする人にとっての混乱を少しでも避けられたらな、と思う次第なんです。

僕なりのBOZ流でライン引きを学習するにしろ、他の優秀なトレーダーさんのライントレードを学習するにしろ、どれを選択し、どう没頭してモノにしていくかは、結局のところ、皆さんの手に委ねられています。

僕なりのトレードスタイルで

各トレーダーのトレードスタイルというのは、各自の性格やら生活スタイルに左右される、というかそれに合わせるべきだと僕は思ってるんですね。

僕の場合、

  • 仕事忙しいし、
  • 忙しいからチャート見る時間も限られるし、
  • フリーな時間はわずかだから、家族との時間も大切にしたいし、
  • でも、趣味もあるから、そっちの時間も確保したいし、

ということで、ずっとチャート画面の前にへばりつくことはしたくないんですね。僕が四六時中チャートとにらめっこしていても全然平気な人であるということとは別問題として。

でもそうなると、チャートをずっと見続けなくても良いトレードスタイルを確立しておかなければいけないわけで。

すると、必然的にチャートポイントの数は極力省く必要が出てきます。

だって、小さな時間軸ばかりを見ていたり、ラインを沢山引いたり等、たくさんのチャートポイントがチャートに表示されていたら、

逐一そのチャートポイントでの値動きや経過を気にかけることになるじゃないですか。

そうなると、結果としてチャートをずっと眺め続けることになります。

なので、僕なりのスタイルを突き詰めるならば、できるだけチャートポイントは少ない方が良いわけです。

であれば、

BOZ流ライントレードの進むべき方向性は、ラインは出来るだけ省いていき、シンプルに重要なラインだけを残していく

ということが大切になりますし、そうであればこそ

BOZ流ライントレードの究極の目的は、ラインを削ぎ落していくこと

に他なりません。

到達すべきは、ラインを引かないというライン・トレード。

とも言えるでしょう。

あー、なんか僕、今ものすごくカッコいいこと言っちゃった気がする。

でもまぁ、いくら格好つけたところで、その目標に僕自身がまだ到達していないというのが玉に瑕なんですが・・・

 

さて、これにてライントレードの基礎シリーズは、一旦終了となります。

僕の頭の中にあるもの、全てを語っているわけではありませんが、実際にトレードするための考え方や方法は、このブログの記事にヒントとして、たくさん散りばめられていると僕は思っています。

ライントレードを学習することで、皆さんのトレードの上達に、少しでも貢献出来たら良いな。

そんな感じで、このシリーズの幕は下ろすとしましょう。

それじゃあ、また。

価格の値動きを生み出すゾーンのお話

本来なら「優位性」についてのお話をするつもりだったんですが、書いている途中で、僕の中の曖昧な部分が露呈してしまって、進行がストップした状態になっています。

まぁ、このブログは自分のために書いている様なものですから、更新するのは自由・・・

と言いたいところなんですが、このブログを印刷してテキスト代わりにしてくれている方が何人かいる様なので、このまましばらく放置というのも気が引けるわけで。

ということで、ちょっと場つなぎ的に、

値動きの見方、考え方

を一部分ですが、お話しようかと。

それでは、始まり始まり~。

値動きの規則性

とりあえずは、かなり基本的なお話から入っていきますが・・・

値動きを見る際、まずは高値低値に注目します。そしてそに一定の規則性がある場合、僕らにとってそれはトレードをするための大きな手助けとなります。

例えば、これ。

ユーロドルの1時間足ですが、典型的な下降トレンドを描いています。

しかも、赤い実線で分かる通り、高値に規則性があるのでトレンドラインが比較的キレイに引けます。

トレンドラインの辺りで反転したら売り、という極めて教科書的な相場局面ですね。

おまけにこの下降トレンド、高値と同様の規則性が低値にもあり、破線で示した通り、トレンドラインと平行にラインを引くことができます。

ですから、短期売買の場合は、実線のトレンドラインで売って、この破線を目安に利確を繰り返すということも可能ですし、ずっと売りっぱなしでトレンドラインを上抜けたら利確するというトレードの仕方もあるわけです。

 

えっと、こんな基本的な話、退屈ですか?

 

退屈ですよね。

でも、「分かってる」「知ってる」と言いながら、こんな単純な相場つきですら獲れないのが、典型的な負け組の思考パターンです。

トレードに限らず、どの様な仕事であっても、基本は大切です。基本的なこと、当たり前のことを、当たり前に出来るようになって、初めて一人前と呼べるようになります。

そのためには、繰り返し繰り返し基本練習をするわけです。スポーツなんかも同じですよね。

 

では、話を元に戻します。

値動きを見る時は、高値低値に注目し、規則性があるなしを見極めます。そうやって、その局面がトレード可能かどうかの判断材料にするわけです。

上のチャート、もう少し時間を進めてみましょう。

先ほどのトレンドライン(赤色の実線)をブレイクした後の上昇局面でも、やはり高値低値に規則性があり、平行な線(青色の線)が引けます。

典型的な下降フラッグですね。下降トレンド途中の調整局面(戻し)ですから、この低値を結んだラインを下方ブレイクしたら、再び下降トレンドが始まります。

先人たちは、この様に相場をパターン化する知恵を、僕らの後世に残してくれたんですね。実にありがたいことです。

では、この後お話する内容を深く理解してもらうために、もう少し教科書的、基本的はお話を続けてみます。

下の図はドル円1時間足チャートですが、赤い丸で囲った部分を皆さんはどの様に見るでしょうか?

例えば、こんな感じでしょうかね?

レクタングル・フォーメーション、いわゆる平行レンジです。高値と低値が水平線で結ぶことができますね。 

しかし、こんな見方をする人もいるかもしれません。

変則的ですが、三角保ち合いですね。高値低値が徐々に狭まってきて、煮詰まったところで上方にブレイク、といった捉え方ができます。

平行レンジと三角保ち合い、2つの見方が出来るわけですが、どちらかが正解でどちらかが間違いというわけではありません。

両者の見方とも、高値低値に規則性を見出しているわけですから。

高値低値に規則性が続いている以上、高値で売って低値で買うというトレードが可能となりますし、その規則性が破られたら、破られた方向についていくというのが基本的(教科書的)な戦術となるわけです。

 

では、高値低値に規則性がない場合、どうトレードしたらよいでしょうか?

例えばこのチャートとか。

ユーロドルの15分足ですが、このチャート全体の値動きに規則性があるとは、ちょっと言えません。

値動きに規則性がないということは、価格がどのタイミングでどちらの方向に進むかも予測できないということです。

こういった値動きの時にリアルタイムでトレードすると、買えば下がるし売れば上がるを繰り返したりします。出来れば手を出したくない相場つきです。

前々回も言いましたが、こういった規則性を見出せない局面は、「分からない」とハッキリと判別できる意識を持つことが大切です。

では、次のチャートはどうでしょうか?

これ、ポンド円の15分足ですが、この値動きを見てどう思いますかね?

全体的に見れば価格は下降している様に見えますが、上に跳ねてみたと思ったらガラッと下げてみたり。ポンド円らしく値動きが荒いですねぇ。

で、このチャートから見える値動きに、トレード可能な規則性はあるんでしょうか?

う~ん・・・ある様な、ない様な・・・

まぁ、「ない」と思えば、「ない」でOKです。トレードしなければ良いだけですから。問題なのは、「ある」とも「ない」とも判断せずにトレードしてしまうことです。

が、しかし

この値動きからは、未来の値動きを示唆する情報が見え隠れしているんですよ。目を凝らして見てください。このチャートからは、ある一定の規則性が導き出されます。

分かりましたか?

実は、このチャートは最近のもので、先週木曜日3月28日16時を過ぎた辺りからの値動きを敢えて隠しています。

なぜ隠したかというと、この28日16時までの値動きを見て、この後どの様に価格が推移するのかを考えてもらいたいからなんですね。

僕らトレーダーは、過去から現在までの価格の値動きを見て、未来の値動きを模索するのが仕事でから。

さて、このチャートから、値動きの規則性を見出すことが出来ましたか?

「できた様な、できない様な・・・」

そうですか。じゃあ、この値動きを僕が、

「これ、チャネルですよ。きっとそう。多分そう。いや、そうであってくれ・・・」

とか言ったら怒りますか?怒りますかね、冗談は後にしてくれって。

でも、本当にこの値動きは、チャネルを示唆しています。正確に言えば、チャネルを形成し始める直前の形です。

では、この値動きがこの後なぜチャネルを形成していくのかを、ちょっと解説していきましょうかね。

平行するラインの内部構造について

レクタングル・フォーメーションの内部構造

ちょっと先ほどのドル円1時間足チャートをもう一度見てもらいましょうか。

高値低値に水平線が引ける平行レンジでしたね。四角形で囲むことができるこの平行レンジのことを、レクタングル(四角形)・フォーメーションと言います。

で、こういった平行レンジの内側の値動きは比較的不規則に動くのが特徴です。なので、ライン際辺りで売買しないと痛い目を見たりします。

ただ、そんな平行レンジでも、その内部に1つのポイントが現れることが数多くあります。

それは、高値を結んだレジスタンス・ラインと低値を結んだサポート・ラインのちょうど真ん中、このレンジの半値部分です。

このレンジの半値に注目するというテクニカルは、まぁまぁ知られているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

では、ちょっと注目して見るために、30分足に切り替えて拡大してみましょうか。

このレンジの中値辺りに水平線を引いてみましたが、この真ん中のラインで何度も止められているのが分かると思います。

平行レンジを形成している場合、その中値に注目することは、トレードを行なう際に重要なポイントになるわけです。

では、この平行レンジの値動きをもう少し細かく見ていくと何が分るでしょうか?ちょっと、じっとこの値動きを見てください。

何やらレンジ上限で価格の揉み合った塊が、次はレンジ下限に移動して揉み合って塊を作り、次は再びレンジ上限に移動して揉み合って・・・

と、この赤いラインを境にして、揉み合っている価格の塊が上下に移動しているのが分かりますかね?

図にすると、こんな感じです。

こう見ていくと気が付く通り、

平行レンジとは、

  • レジスタンスとサポートラインの間を上下している
  • 中値を境にして、価格の揉み合いが上下に移動している

という2つの捉え方が出来ることになりますね。

もちろん、レクタングル・フォーメーションの内部では、こういった値動きが必ず起きるというわけではありません。

レンジ幅の大きなフォーメーションですと、内部では上昇トレンドと下降トレンドが繰り返されることも多く出てきます。

ただ、多くの傾向としてこの様な値動きが起こるということは、シッカリと頭の中に入れておいてください。

チャネル・ラインの内部構造

さて、レクタングル・フォーメーションの値動きは分かりました。

しかし、これは何も水平線で囲まれたレンジだけの現象とは限りません。斜め線であっても、高値低値を結んだラインが平行であれば、同じ様な現象が見受けられます。

ではここで、以前お話した「2017年12月14日午前まで続いた下降チャネルの内部構造について」の画像を見てもらいましょうか。

平行する2つの斜め線、いわゆる下降チャネルが展開されている局面ですが、これの内部構造はというと、

揉み合う価格帯(ゾーン)を形成しつつ、ジリ下がりになっていますよね。

ゾーンが上下に移動しているのが、先ほどのレクタングル・フォーメーションでしたが、このゾーンがジリ下がりになって形成されている値動きが、下降チャネルというわけです。

で、面白いことに、この移動するゾーンに注目してその節目をラインで結んでいくと、

上図の緑色ラインを見れば分かる通り、やっぱりこのチャネルラインの幅の真ん中あたりに、チャネルラインと平行の線が引けるわけです。

相場って、不思議ですね。テクニカルって、面白いですね。

ただし、ここで2つ注意点が。

チャネル・ラインの中央付近にできるラインですが、これは単にラインというわけでなく、この辺りで揉み合うことでゾーン(値動きの域帯)を形成することが多くなります。

上図のチャートで言えば、こんな感じになりますかね。

さらに、もう1点。

緩やかなチャネルの場合、先に見た様に水平な揉み合いの塊の移動になります。

ところが、チャネルの角度が急な場合は、この塊が水平な揉み合いではなく、視覚的に斜めの塊になるなど、変形してしまうことが俄然多くなります。

ラインの角度が急だということは、値動きが激しくなるわけですから、揉み合いの塊も水平ではなく変形してしまうのは、まぁ、当然と言えば当然なんですけどね。

また、レクタングル・フォーメーションと同様に、チャネル幅が大きい場合は、揉み合いの塊よりも、チャネル内での上昇トレンドと下降トレンドが数多く見受けられるようになり、レンジ半値にポイントとなるラインが引けない状態になったりします。これも、ちょっとチャート図を載せておきましょうか。

まぁ、単純化して言うと、レクタングル・フォーメーションにしろチャネルにしろ、高値低値に平行なラインが引けるフォーメーションの場合は、基本として

  • ライン内にトレンドを形成しながらキレイに上下するパターン
  • 揉み合いの塊を形成しながら、その塊が上下に移動していくパターン

の2パターンが両極にあるということを頭の中に入れておいてください。実際の相場では、それらのパターンが入り混じって値動きが形成されていきます。

逆説的に考えてみよう

実はこのレクタングル・フォーメーションとチャネル・ラインは、その展開が物凄くバラエティーに富んでいて、とても面白いんですが、

正直、このお話をしていくと、めっちゃ長くなってしまいます。

なので、ちょっとチャネルラインに対する根本的な発想の1つだけを、これからお話しようと思います。

 

まず、これまで解説してきたチャネルラインを端的にまとめると、

  • 高値低値に規則性があり、2つの平行な斜め線が引ける
  • 価格はその中を、トレンドを形成しながら上下に移動するか、揉み合いの塊を形成しながら移動する(両者混合あり)
  • チャネル幅の半値あたりに、チャネルラインと平行するラインが引ける

ということになります。これが基本形。

しかし、この発想は、

  1. 高値低値のラインがあって、その中で価格は移動する
  2. 移動している価格はチャネル幅の真ん中あたりにさらにラインが引ける値動きを形成する

という順番になるかと思います。

じゃあ、ここでこの発想を逆転してみたらどうでしょうかね?チャネルを形成する値動きの発想を、逆転させてみるんです。

どういうことかというと、先の順番とは逆に、

  1. まず、主軸となる価格帯(ゾーン)が形成される
  2. そのゾーンを時折、上下に大きくはみ出して値動きが形成される
  3. その上下にはみ出した高値と安値には規則性があって、よく見ると主軸となるゾーンと平行するラインが引ける

ということなんです。図を使って説明すると、

1.実は、主軸となる価格帯(ゾーン)が存在している。

2.そのゾーンを主軸にしつつ、価格は度々そこから大きく上下にブレながら価格は形成されていく。

3.しかし、その上下にブレた価格はゾーンに対して同じ値幅しか伸びないため、結果的に高値を結んだラインと低値を結んだラインは、ゾーンに対して平行になる。

という思考的過程を経て、チャネルラインは形成される。

・・・と、考えるわけです。

さて、この壮大な仮説、果たして実際の相場で使えるんでしょうか?

 

つか、僕もう実際のトレードに使ってますから、仮説じゃないです。

 

では、実際の相場に当てはめて、ちょっと解説していきましょう。ちょうど解説向きの相場が先週に展開されてたんで。

チャネルが形成される状況を実際に見ていこう

さて、それではこの記事の比較的最初の方に提示したポンド円の15分足チャートをもう1度見てみましょうか。

おやおや?

先ほどはこのチャート見せられても「?」な感じしかしてませんでしたが、ここまでこの記事を読んでいたら、なんか見えてきませんか?見えてきましたよね。

主軸となるゾーンが見えてきたと思います。

揉み合いながら推移する価格の塊が、規則性をもって並んでいる様に見えます。

これが価格推移の主軸となるゾーンだと仮定します。そしてこのゾーンは下降トレンドを形成していそうなので、トレンドラインを引いてみました。赤いラインがそれです。

次に、このゾーンからブレて飛び出た価格の高値に下降トレンドラインと平行の線を引いてみます。

次に、今度はゾーンから下の方向にもブレる可能性も考えます。最も多いパターンはこのゾーンのトレンドラインが、チャネルラインの半値になるパターンです。

なので、ゾーンから飛び出た価格の高値と同値幅を求め、そこにトレンドラインと平行うなラインを引いてみます。

それでは、引いたチャネルラインが機能するかを確かめるために、時間をずらしてロウソク足を表示していきます。

チャネルの下方ラインが効いてそうな感じですが、まだ確かではありません。しかし、ゾーンのトレンドラインは確実に効いてますね。もう少し様子を見てみた方が良さそうです。

では、次を見てみましょう。

もう完全にチャネルとして引いた下方ラインが効いてますね。

この段階で、ゾーンのトレンドライン、そしてその上下に引いたラインに規則性があることが判明しました。

ここまでくれば、かなりの高確率でチャネルが形成されていると判断できますよね。

 

ということで、セットアップ完了。

 

後はトリガーを引くだけです。チャネル上部ラインで反転したら売るか、ゾーンを下抜けるかゾーンで反転下落したら売るという戦術になります。

チャネル下部ラインで反発上昇したら買うということもアリですが、この場合買った後にジリ下がりする可能性もあるので、あまりお勧めはできません。

ちなみに僕は、お勧めできないと言いつつも、上図の赤丸部分で2回に分けて買いました。

仕事の合間にチャートを見てたんですが、売るタイミングには出くわせなかったんですね。

トレードチャンスはないと諦めてたんですが、夜なかなか眠れなくて、未明までお酒を飲みながらチャートを覗いていたんですが、チャネル下方ラインに到達して下落が阻まれている場面にようやく出くわすことが出来ました。

「あと数時間で仕事の仕度しなくちゃいけないし、もうタイミングはここしかないかな」

ということで、買ったんですね。なので、自分でやっておきながら、こういったエントリーはリスク高めなので、あんまりお勧めはできません。

じゃあ、時間をもう少し経過させてみますか。

チャネルの下方ラインで反発した価格は、見事ゾーンのトレンドライン(チャネルの半値となるライン、以下ミドルライン)に到達しました。

ちょうどこの時、僕は休憩に入ったところで、スマホでこの瞬間を確認しました。しかし、利確はしなかったです。チャネル上方のラインに到達すると思ってたんで。

しかし、価格はミドルラインに阻まれて、再び下落。下値を試します。

では、この後、どうなったか見てみましょう。

その後、価格は一気に跳ね上がり、見事にチャネル上方ラインに到達してから反転下落を始めます。

まさに、チャネルとしてあるべき値動きとなったわけです。

ちなみに僕は、このチャネル上部のラインに到達するタイミングを、上図の青丸付近だと予想していました。これ、例の「水平線と斜め線が出会ったところ」ですね。今回はややズレてしまいましたが、まぁ誤差の範囲内かと。

ついでに言っておくと、僕は緑丸のところで利確しました。

この後、ドテン売りをしようか迷ったんですが、連日の仕事疲れと、前日ほとんど寝ていないのと、そしてエントリー後に一旦ジリ下がりして神経を使ったために、再度エントリーする気力はなく、諦めました。往復で獲れた場面でしたが、まぁ仕方がないですね。

 

とまぁ、以上で今回の解説は終わりにします。

ただ、繰り返し言いますが、「知ってる」と「使える」は天と地の差があります。

バットの振り方を「知ってる」からといってヒットが打てるわけではりません。使える様に、繰り返し繰り返し練習することでしか、ヒットを打てるようにはなりません。

そしてそれは、トレーダーも同じことです。

もちろん、チャネルの解説に関してはこれだけじゃ収まりきらないほどたくさんあります。

しかし、基本的な考え方、捉え方はある程度説明できたんじゃないかなと思います。この基本をしっかり身に着けて、実際の相場で応用を含め、使える様になってもらえたら、僕としては幸いでかなと。

それじゃあ、また。